サケオ編に入ってはや4スポット目。残るは3スポット+再訪記事のみです。
その次は、タークミャンマー編に移っていく予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

28.11.07

Wat Doi Phra Bat / Chiang Rai

チェンライ市街の南の端旧空港跡地のそばにワットドイプラバート(วัดดอยพระบาท)はあります。
バスターミナル前の大通りを南に進み、途中で左に曲がったところがその寺の参道のようです。
こんな感じ…                            こっち側はもう大通り ↓



そこを奥に進むと…



見えてきました。
小高い丘のふもとに見えるそれらしき門と、その前をさえぎるアスファルトの帯。



どうもこれが空港の跡のようです。
道路として使われているのかと思いきや…
(詳しい事は分かりませんが)



車バイクで何かすると罰金500Bのようです…読めませんが下の看板に書いてあります。



ともかく滑走路を横断すると、門が出現。
ここが入り口みたいですね。



門をくぐるとすぐに山頂に向かう階段にぶち当たる。
(でも、車やバイクでも登れるように道もついていました。)



上に(バイクを使ったインチキで)登ったあたりからの山頂の様子はこんな感じ。



本堂はいたって普通。
本堂の裏には、仏塔(手前)と祭壇?(奥)があります。
祭壇?の上にはプラバート(仏足石のことのよう)が安置されています。
これが他では見られないぐらい妙にリアル。



この3つ以外は、本当に宿坊ぐらいしかなさそうな、小さなお寺のようです。
人気がないのか、だれも参拝客の姿をみることはありませんでした。
いたのはこの寺のお坊さんと多数の野良犬のみ。
本堂の前にあった象さん。



Nov./'07
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
お寺自体に特に見所はなさそうです。
見所は、やはりこの独特の立地でしょう。
(この寺を紹介していた、英語のサイトも同様の事を書いていました)
あとは、仏足石に興味を持ったなら行ってもいいのでは?
まあ、街中から近いですしね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
19° 53'03.91" N
99° 49'29.56" E


View 変スポ in a larger map

0 件のコメント: