次からは、バンコク近郊のスポットを周ります。
ちょっとした地獄なども出てきますのでお楽しみに。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

26.11.07

Wat Si Khom Kham / Phayao

実はここはどこかのHPで見つけて(すいません忘れました)、いつか行こうとは思っていたんですが、なんせパヤオに他のスポットは何にもない…(少なくとも私にとって興味がない)か、あっても乗り物チャーターなしには行けない所ばかりなんで、今までなかなか行けませんでした。
しかし、今回チェンライとのコンビネーションを使う事で、無理やりここに行く事が出来た、という次第です。
バンコクからの夜行バスでパヤオに行き、ターミナルから徒歩で約1kmほど歩くと、ワットシコムカム(วัดศรีโคมคำ)はあります。
見た目は普通のお寺です。



入り口には、なんか参拝客を無視した虎の親子…かな?がいたりします。
でも、小さいの猫にしか見えませんけど。



お堂の周りの回廊の内側には、こんな感じに仏陀が並んでいます。



こっちは仏頭ですね。



…もしかして、ただの物置代わりでしょうか…



本堂内は、名刹なだけあり、参拝客でごった返しています。



でも、仏陀の巨大さもなかなかですし、このテカテカ感はなかなかよろしいです。



しかし、今回の目的はこれにあらず。
実はここのお寺には地獄があるらしいんです。
これを見るためだけにここに来たんです!(断言)
ということで境内を散策することに。
!!それっぽいのが見えてきましたよ。



入り口から怪しいオブジェが我々を迎えてくれます。
パヤオと恐竜となんの関係があるというのでしょうか…



それ以前に…突っ込みようのない、この象鳥人間は…牙生えてるし…でも微妙にかっこいいかも…



中には色々仏の教え?を説くコンクリ像の数々が…
この涅槃仏の手…あまり見たことのない形です。
「よっ!」って感じ。
枕も丸い形していますし…



こちらは…天国でしょうか…
まだまだ作りかけのようですね。
一応上まで登ることができるようですが…それは後に取っておきましょう。



更に奥に行くと…ありましたよ、地獄の入り口が!
奥にはお馴染み”罪人のごった煮”も見えます。


すでに見えていますが、お約束の地獄鍋。
でも何故か執行人がいません…
後ろの坊主何とかしろって!



こっちの人…「仏陀の首とった!!」って感じでしょうか?自分の首とられちゃっていますが…



お馴染みお化け軍団…傷口だけ妙にリアル。


すぐ横には地獄につきものというか、これがあるかどうかが地獄の最低ラインと言っても過言ではない?地獄ツリー。
ちょっと寂し目ですね。



この地獄、コンクリ像エリアは、どうもお寺の片隅にひっそりと小さいスペースで展示しているようです。
まるで、汚点を隠すかのように…
地獄自体の規模ははっきり言って狭いですね。
さっきの天国の上からの眺め…こんなもんですよ…地獄の扱いなんか。


さて、気を取り直して境内を散策していますと、礼拝堂?が見えてきました。
(英語でMonastic church(直訳すると修道院教会?)って書いてある)



でも中には普通に仏像が安置されてました。



で、この礼拝堂?の裏には…
パヤオ1?の観光スポットパヤオ湖が広がります。
つい5分ぐらいぼ~っと眺めてしまいました。



Nov./'07
評価
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
寸評
ってか、ここしかスポット知らないし…
でも普通の県にあってもお勧めするでしょう、地獄を。
まあ、規模は小さいものの、素晴らしいです。しかも増設中?のようでした。
まだ塗りかけの物とかもちらほらと…

Google earth 座標(分かるやつだけね)
19° 10'35.85" N
99° 53'21.14" E


View 変スポ in a larger map

0 件のコメント: