今週半ばに、日本に一時帰国します。
来週中旬に戻ってくる予定ですが、今週水曜日の更新を最後に、1週間ほど更新しませんので、ご了承願います。
ツイッターはやってる予定。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

30.11.07

Wat Fang Min / Chiang Rai

先のハンディクラフツセンターの近くの信号(市街北の河と、空港前の信号の間には信号1、2個しかないはず)のところに、妙な門が建っています。
何かお寺っぽく無くないですか?
いちおうワットファンミン(วัดฝั่งหมิ่น)という名前のようですね。



この門をくぐり、参道を真っ直ぐ進むものの、それらしき物は見当たりません。
道を引き返しつつ、左右をよく確認すると、途中を曲がったあたりにそれらしき物が見えます。



境内には近所のオジサンとヒマそうなお坊さんしか見当たりません。
それもそのはず、だってここ観光地でも何でもありませんから…
(DTAC…あなたのためのガイドっていう、微妙なスポットにもよく立っている、多分タイ観光庁製の看板もないです)
本堂はこんな感じ…なぜかバナナの葉っぱ??で飾られています。



ナーガは何故かとぐろ巻いています。



でも、本堂のなかはいたって普通の感じで、仏陀も特に変なところはありません(あたりまえ)。
しかし、その隣りのお堂は違っています。



もちろん、普通の仏像も安置されているんですが…
見て下さい。仏陀の頭部だけ…と片手のひらのみが大事そうに祭られています…なんで??
直さないのか?



境内の奥には…



こっちもなんでしょう…首の無い仏陀??(手の形が変なんで断定不可)。
とりあえず最初からこのような造形のようです。



まあ、なんとも変わったお寺ですね。

Nov./'07
評価(むづかしいですね)
一般人:☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
仏像マニア:★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
お寺としては…もともと観光客も参拝客もいないようなところなんで…
でも、あの首と手のひらだけ仏陀と、首なし仏陀…
仏像マニアなら十分に★1つ2つ増やしてもいいでしょう。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
19° 55'34.39" N
99° 51'05.22" E


View 変スポ in a larger map

0 件のコメント: