今週半ばに、日本に一時帰国します。
来週中旬に戻ってくる予定ですが、今週水曜日の更新を最後に、1週間ほど更新しませんので、ご了承願います。
ツイッターはやってる予定。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

28.11.07

Wat Phra Kew / Chiang Rai

ワットプラケオ(วัดพระแก้ว)…バンコクにある有名な王宮寺院と同名の、チェンライにあるこの寺院は、チェンライ市街の真ん中、中央市場まで歩いて5分ほどでいけるぐらいのところにあります。
でも、観光客はあまりいなく、見た目もあまり派手ではないようです。
境内に入ると、急に緑が広がり、その中にいくつかの建物が点在している…とそんな雰囲気です。
入って正面には本堂が建っています。
赤と金を基調としたタイらしい色使いですが、不思議と王宮寺院等みたいな派手さを感じさせません。



本堂の中も、赤と金で統一されていて、他の寺のそれに比べ洗練されたイメージがあります。



境内は本当に緑が多く、しかもそれが整備されているようで、見た目は全く違いますが、なんとなく日本の寺を思い出させます。



この先に進み、仏塔を過ぎたあたりに、小さいお堂が建っています。



このお堂の中には、バンコクのワットプラケオにあるワットプラケオにあるエメラルド仏とほぼ同サイズのそれが安置されています。
これは、これは1990年、現プミポン国王の御母生誕90年の記念として作られたもので、カナダ産の翡翠を使って作られた、れっきとした本物らしいです。



しかもバンコクのそれは撮影禁止で、遠くから豆粒見たいなのを眺めるだけでしたが、こちらはそんな事はないようで、すぐ側…頑張れば触れそうには近寄ることができます。



もちろんサイドからも見れちゃいます。



この寺の中には、博物館が併設されているのですが、これがまたいかにも北タイと言う感じで、好感の持てる外観です。



残念ながら中の展示物は、個人的にはあまり興味を惹かれませんでした。
ちなみに…境内にはぽちぽちと仏陀も点在しています。


仏塔もあるでよ。


Nov./'07
評価
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
寸評
面白さ、変さは欠片もありませんが、単純に寺として好感が持てました。
個人的には県のお奨めどころか、北タイ地方を代表する…と言いたいところですが、チェンマイをはじめほとんど行ったことないのでとりあえず★3つということにしました。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
19° 54'42.46" N
99° 48'40.38" E


View 変スポ in a larger map

0 件のコメント: