Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

21.1.19

Wat Thai Charoen / Yasothon

ワットタムキアから、さらに南下すること4.5kmほど。
タイチャルン郡の中心の町に、その名もワットタイチャルン(วัดไทยเจริญ)というお寺があります。
何があるかって?


じゃ~ん。
と、本堂の周りにどっさり天国系のコンクリ像が並んでいるんですよ。



左右を守っているヤック君。
ちょっと変わった配色の衣装をお召になっていますね。



ナーガ階段手前には、エラワン象に乗った…
これ、ヴィシュヌ神?



で、本堂は…
まあ、開いていないんだな~
つ~か、参拝客いなくない?



法輪を掲げる、4つ首ライオンさん。



…目が怖い…



と、こんな感じに天人さん達がぐるっと本堂を取り囲んでいます。



で、本堂の脇には、このような象さんタワーが建っています。



…象さんの目…



で、内部は仏像と…



これ、仏足石なんですね。
深い!



さて…
ところでさっきから気になっているのが、あちらの建物。



ちょっと中華系入っているかな?
とにかくタイのお寺の建築様式とは一線を画しているようです。



なんかかっこよさげじゃない?



なんですが、ぐるっと一周したけど、どこも開いていないよ…
仕方ないので、隙間からのぞき見のみ。



あとは…





こんなもんかな。



Aug./'18
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
本堂周りのコンクリ像達は、なかなか見ごたえがありますよ。
でも…
まあそれだけですからね~
入れなかったあの建物の実力が、気になるところですが…
って、もしかして池のそばに、仏陀の生涯コンクリ像群があった?
ちゃんと下調べしてこれば良かったよ…

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 16°03'38.8" N
104°26'47.8" E



0 件のコメント: