アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編、2日目始まりました。
計26か所の予定をしています。
1日目と同様、ほとんどは遺跡だよ。

アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編の次は、バンコクパワースポットめぐり編、西部プチ旅行編と続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

14.1.20

Wat Pho Si / Maha Sarakham

お次は…
巨大木造建築寺から南西に9kmほど進んだところにある、こちらのワットポーシー(วัดโพธิ์ศรี)というお寺っす。



ここも地獄絵があるらしいんですけど…



どこかな~



って、なんか古そうな建物がありますね。



ええっと…
いわゆるシム(สิม)と言われる建物なのかな?
タイ語読めんから細かいことは分からんけど、とりあえずいえるのは…
こんなしっかりした説明書きのあるシム、初めて見た!



ちょっとかわいらしいガルーダ?の絵もありますが、とりあえず覗いてみますか。



…開いてないし。



でも、なんかちょっと不思議な構造ですね。



こんな、2重構造のシムなんて、今まで見たことないですよ。
でも、中に入れないんで、これ以上楽しめないけど。



それで、地獄はどこよ…


ん?
これは、講堂かな?
絵がちょっと気になりますね。



!?
なかなか凄いですが、残念ながら地獄ではないようです。
まあ、ともかく中に逃げ込みましょう。
いや、さっきから、イッヌがまわりで吠えまくってるんですよ。
小さいからあまり気にしていませんでしたが。



お邪魔しま~す。
って、なんというごちゃごちゃ感。
ほぼ天井からぶら下がったやつのせいですけど。



正面奥には、涅槃仏様が…
絵だけど。



そして、脇の仏陀様。
と、すでに皆様お気づきかと思いますが…



絵心が半端ない!
これは、いわゆるつるつる相撲のワンシーンですよね。
一目でわかりますよ。
しかも後ろの人達が使っている楽器からすると、この辺りのお祭りとかの様子ですかね。
適当ですけど。



パラパラを踊る女性に…

これ、もしかして、仏陀の生涯の絵ですか!?
いわゆる、化粧もせず、醜い恰好で寝ている宮女達を見て絶望する釈迦のシーンですね、たぶん。


そういわれてみると、確かに人さらい爺なんかも見受けられますし…
それで、その隣の爺さんとの濡れ場シーンなんてあったっけ?
まさか、看病しているところとか?
そして…



地獄絵も、こちらの絵師の絵心にかかれば、この通り!



子どもが描いた方がましだったんじゃない?
残念ながら、地獄はこの2枚だけでしたよ。



ちなみに、なんか博物館もあったけど…
まあ、どうせ大したもの無いので放置っす。



Jul./'19
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
見どころは、なんかすごそうな?シムと、地獄絵を含む、素晴らしいタッチの壁画です。
シムについては、あまり歴史的な話ができないので、何とも言えませんが…中に入ってないしね。
でも、ここの壁画は、唯一無二の、独特のオーラをまとっています。
地獄絵とかが好きな方は、まあ来ても良いかも。
でも、普通の人には、どうでも良いですよね、きっと。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 16°09'20.9" N
103°22'20.3" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: