アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編、とうとう始まってしまいました。
全61か所…だったかな?のほとんどは微妙な遺跡という、コテコテな内容になっています。
少しだけ普通のお寺もありますけどね。
初日編は、全部で34か所周ります。
ほとんどは…というか、1か所以外は、大なり小なり全部遺跡絡みだよ。

アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編の次は、バンコクパワースポットめぐり編、西部プチ旅行編と続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

7.1.20

Asom Pu Rusi Khamphi / Maha Sarakham

7月後半の3連休、ふと思い立って、中央イーサンにやってきました。
いやね、カラシン方面をぐるっと周ろうかとね。
ということで、まずやって来たのは、こちらの…
もう見えてますね。



そう、この2体の巨人を見にやって来たんですよ。



ええっと、ヤックなのかな?


階段脇のナーガ男に…



ナーガ女。



とりあえず、御許に向かうとしますか。



欄干のナーガ君。



そして、ボスの皆様。
デカい!
って言うほどでもないかな?
すぐ側で見上げるんで、そう感じるんでしょう。



中央のこれが、真のボスとか?



側によると、なかなかの迫力ですな。



グルグル渦巻き君。
なんか、開発中の車のカモフラージュ柄みたい。



もう片割れ。
ポーズはどちらも『んちゃ!』なんですね。



背後から…
う~ん、後ろは寂しいの~



おや?


何故かリンガがありますね。
奥の緑いのは、さっきの真のボスです。



ううっ…
目が、目がぁ~!



ということで、一周っと。



ただいま~



なんか、あそこにありますが…
記念撮影スポットかな?
でも、ここの名前とかでは無さそうですし…
ということで、とりあえずGoogleMap表記に従い、アーソムプールーシーカムピー(อาศรมปู่ฤาษีคัมภีร์)と言うことにしておきましょう。



それで…



境内?は、これぐらいですかね。



おや?



なんか、脇道の両側に、なんか仙人像が並んでますよ。




…確実に毒くらってますよ。



隣の通路にもありますね~



で、その仙人回廊を抜けると…



なんか広いところに出てきましたね~
う~ん、お呼びじゃない?



といっても、なんかいろいろありそうですし、ちょっとだけのぞかせてもらうとしますか。



ええっと…



う~ん、何とも味のある造形ですね~



その奥の仏像様。
なんか、後ろのナーガ君がすごいことになってる…




横から見るとこんな感じ。



ナーガ君の後ろにこっそり隠れているおっさん。



これはシヴァ神ですかね。



そして、プラメートラニー様…
でも、下にリンガあるよ。
まさかのパールヴァティーとか?


最奥にあった建物。
中に入っていいのかな?
開いてるし。



う~ん…



ご尊顔は、なかなか見どころがありますが、このお堂全体的にはイマイチかな?



あとは…



これはなんでしょうね。



う…
ピンボケや。



ヒンドゥー系の方々かな?



ガネーシャもいるし。



で、そこに紛れ込んでるプラメートラニー様。
化粧バリバリで、テカテカ塗装なのは、インドの流れを汲んでいるのかな?


さてっと…
人がいるので、ここの建物は避けていたのですが…
せっかくだから、のぞいちゃいましょう。



お邪魔しま~す…
って、やっぱみんなこっち見るよね。



しかし、この奥のなんか何でも集めた感が何とも…



あ、外のでっかい人達いたよ。



Jul./'19
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
見どころはもちろん、外にいた2人の巨人像ですね。
他にもいろいろな像がありましたが…
ぶっちゃけおまけです。
時間の無い人は、巨人だけ見ておけば、とりあえずOK!
と、そんな感じです。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 16°24'18.1" N
103°05'49.2" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: