あ…知らん間に1950スポットになってたよ。

アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編、2日目始まりました。
計26か所の予定をしています。
1日目と同様、ほとんどは遺跡だよ。

アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編の次は、バンコクパワースポットめぐり編、西部プチ旅行編と続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

29.1.20

Wat Rachasittharam Racha Worawhihan / Bangkok

祝、地下鉄ブルーライン延伸記念!
ということで、まだ仮運用期間ですが、とりあえず、イッサラパープ駅にやってきました。
(来たのは8月3日です!)
目的は、その駅のすぐ前にある、こちらのお寺。
名前は、ワットラーチャシッターラームラーチャウォラウィハーン(วัดราชสิทธารามราชวรวิหาร)…
なんとも御大層な名前ですな。



下町の路地を奥に進んでいくと…



ようやく門に到着。
と言っても、歩いたの100m程度なんですけどね。



仏塔が立ち並ぶあっちが、おそらく本堂だと思うので…



まずは、こっち側を先にやっつけちゃいましょう。



ここ、なんか2つの礼拝堂が横並びで2つ並んでいるんですね。
ちょっと近づき過ぎ~!
でも、どっちもガバガバに扉開いちゃってますよ。
良いですな~開放的で、うれしい限りです。



その前にあった、ピンク仏塔。
まあ、きっとお墓なんでしょうが。



では、まずは手前の礼拝堂の方から…


ガーディアンは、こちらのワンちゃん達。
それで、内部は…



めっちゃシンプルで、何もない…
お坊さんも暇そうにしてますね。



一応ご本尊様と、その仲間たち。



なんかちょっと引っかかるお顔をしています。



子分の方々…
誰かな?



う~ん、みなさんちゃんと名札付けて待ち構えてほしいものです。
日本人…とは言いませんが、私には、見分けるのは難易度が高すぎますよ。



で、子分の方々からみた、入り口方向。



ん?
これは…



誰か偉い人の遺物か何かかな?



では、お次はこちらの礼拝堂の方を…



ガーディアンは、こちらのおっさんの方々…



結構、彩色頑張ってますね。
そして…


地獄!
とは言えないかな?



入り口はこんな感じ。



この立像、石で出来てるじゃん。
翡翠かな?
結構高そう…



それよりも、入り口周りのデザイン、ちょっと変わってますね。
女子受けを狙ったのかな?



柱の下にもワンポイントが…
全体に施さないのが、お洒落なのかな?



内部は…
さっきよりは、ずっと派手で、ものであふれていますよ。
そして、壁とか床とか、めっちゃ石多用してるし。



とりあえず、最奥部。


このご本尊様も、翡翠か何かで彫られているんですね。
高そうだよ~
おいくら万円なんだろう。



台座も…



そして、弟子もみんな翡翠っぽい石で出来ていますよ。



そのご本尊様からの眺め。
壁一面に、何かのパネルが貼られていますね。



まあ、お約束の仏陀の生涯ですか。
それよりも…



何この仏足石。
これも、翡翠っぽいもので作られているのかな?



別角度から。



装飾もなかなか頑張ってますよ。


う~ん、ちょっと観察しにくいのが難点かな?



ちなみに、周りの壁もこんな感じ。



可愛らしいですな~



では、改めまして、さっきの仏塔と本堂の方を攻めに行きましょう。



正面に到着~



あ、説明書きあったよ。
何々?The second class of royal temple....
え?ここ、第2級王室仏教寺院なの?
知らんかったよ…
(・ω<) テヘペロ



ちなみに、あそこがさっきの礼拝堂たち…



そして、仏塔群で、一番ご立派なやつ…
まあ、そんな大きくないですけど。



それでは、いざ、聖域に向かいましょう。


回廊内は…
ちょっと近いね、建物との距離。
でも、結界石っぽいものがありますし、これが本堂であっているんでしょう。



まわりはこんな感じで、ところどころに小さいお社?みたいなのが立ってます。




閉まってんじゃん。



と思ったら、1か所だけ開いているところを発見。
ええっと…



…お墓かな?
そして、某国の方は、上の扇の模様を見て、どう感じるんだろう…



では、本堂の中に行ってみましょう!


って、閉まってるじゃん。
ええ~っ、ここのお寺の売りは、この本堂の中の壁画じゃないの?
さっきの説明書きにも書いてあったじゃん。
それに、その壁画には地獄絵があるはずだったのに~
(´Д⊂グスン...



しかたないので、裏口を出て…



さっきの礼拝堂の裏側に回ってきました。
なんか、こっちにもいろいろあるんですね。



とりあえずガーディアン。



こいつら、もしかして四天王なのかな?



そして、法輪を運ぶ人達…なのかな?
これも翡翠か何かで作られているんですね。
めっちゃこだわりあるようなのに、さっきの説明書きには一言も書いてないよ…



では、そろそろ次に行きましょう!



Aug./'19
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
みどころは、本来は本堂内の壁画だったらしいのですが、見られなかったので何ともいません。
つ~か、説明書きに書くんなら、ちゃんと参拝客に解放しろよ~
なので、ここの売りは、2番目の花柄模様礼拝堂と、その中の、翡翠っぽい石の像の数々…
特に仏足石なんかは、なかなか見事なんで、見に行っても損はないですよ。
なんせ、立地が地下鉄駅すぐ側ですからね。
初心者の旅行者の方でも、簡単に来れるのが利点ですね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°44'12.5" N
100°29'03.6" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: