Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編、始まりました。
予定通り、再訪ばかり…
再訪10か所+新規2か所を予定していますので、お楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

9.1.20

Wat Thamma Nimit / Maha Sarakham

お次は木の本堂寺から、南に9kmほど…
マハーサーラカーム県に戻ってまいりました!
今度の目的地は、こちらのワットタムマニミット(วัดธรรมนิมิต)というお寺ですよ。



境内は…
めっちゃ広い。
そして、参拝客なんて皆無ですな。



とりあえず、すぐ左手にあった、こちらのお堂から行ってみましょう。



とうぜんですが、誰もいませんね~



あれが、須弥壇なのかな?



なんで、部屋の角に設置するんでしょうね。
真ん中じゃダメなの?



それで、まあすでに見えていますが、1面に絵が描かれています。


ま、とりあえず仏陀の生涯ですな。
絵心については言及しませんが。



おや?
あれは!



地獄絵だよ~
って、もちろん知っててやって来たんですけどね。



このチープな絵が何とも言えない味を出しています。
でも、残念ながら、この2枚だけなんだよね…



お次は、境内に入って正面に見えていた、こちら…
本堂なのかな?
人がいますが、彼らは本堂建設作業員です。



欄干のナーガ君。



あ、入り口開いてるじゃん。
では、少しのぞいてみましょう。




なんもないね。


で、本堂の更に先には、白い大仏様が鎮座しています。
…遠いな~



ということで、とりあえず斜めから。



そして正面。
う~ん、思ったよりも小さいですね。
一応、大仏用件は満たしていると思いますが…



アップ。
あの、金色の布が中途半端で気になります。
届かないんで、紐でくくっているのかな?



ああ、一応下のタンブーン場です。
どうでもいいですけどね。



Jul./'19
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
みどころは、地獄絵と、最奥の白い大仏様です。
まあ、これを見どころと呼べるのでしたら。
ぶっちゃけ、これだけのためにわざわざ来るほどのものではないですね。
どうしても、あのチープな地獄絵が見たいとか言う、ちょっと他の人とは嗜好の違う人は、頑張って見に来てやってください。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 16°17'34.5" N
103°10'52.3" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: