Pino Latte Resort & Cafe / Phetchabunで、1994スポット目になりました。
あと6か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

27.1.20

Wat Pa Suan Mon / Khon Kaen

翌朝…
今日は最終日、午後にはバンコク行きのバスに乗らなくてはいけないので、軽めに行きましょう。
ということで、早朝からさっさとコンケン市の郊外までやってきました。
このお寺、ワットパースワンモーン(วัดป่าสวนมอน)が、目的地のはずなんですが…




広そうですね~
そして、のっけから、ワンちゃんが吠えまくってます。
まあ、1匹だけなので、大丈夫そうですが。



ええっと…
とりあえず、一番目立っている、あの仏塔でも見に行くとしますか。



形だけで言うと、ブッダガヤ風とか、タート風なんですけど、表面が気持ちいいぐらいに装飾なしですね。
これで完成形なのかな?



まあ、中のぞいてみますか。



う~ん、中もいたってシンプルですね~


一応ご本尊様。
めっちゃきれいだし、結構新しいのかな?



で、子分たち。
でも、このリアルお坊さん像の人、たぶん見たことない気がします。



お隣の…
これも、なんか変わったお堂ですが、なんでしょうね。
礼拝堂みたいな位置づけなのかな?



ええっと…
ルアンプーホー(หลวงปู่ฮ้อ)さんだって。
あんま知らんけど、ググるといっぱい引っかかるので、まあ有名な方なんでしょう。



では、こちらものぞいてみるとしますか。



う~ん、こっちもシンプルですね。
でも、天井の形が、建物の外観とリンクしていて、ちょっと変わってます。



ご本尊様。
まあ、普通かな。


この位置からの、塔の眺め。
やっぱり順光が良いよね。




あの、ガラスのドームはなんでしょうね。
それよりも…
目的のものはどこよ。



って、あった~!
森の中に隠すなんて、ひどいよ~
ということで、こちらは地獄寺だったんですね。
ちなみに、本日この後2か所コンクリ地獄周りますよ~
ここと、ここっす。
※どちらも再訪なので、記事が更新されてから見てね。



とりあえず、最初に待ち受けているのは、閻魔様軍団。
まあ、3人ですけど。



お次は…
なんか良くわからんけど、亡者をいたぶる刑かな?


ええっと…



やっぱ、順光側が良いね。



お次も、なんか似たような地獄ですね。
ただ、獄卒も岩に登っちゃってるのが違うところですか。



あ、手前の人、のこぎり地獄でしたね。



でも、なぜか『釈迦の首、捕ったど~!』ポーズしてますけど、どういう意味があるんでしょう。



あ、裏にも100叩きの刑君が隠れてたよ。



で、最奥が地獄ツリー。
でも、ちょっとさみしいかな?




これ、豚だよね?


あ、もう一人いたよ。
う~ん、地獄はこの4つだけなのかな?



と思ったら、別のところに巨大ピーことプレートさんがいましたよ。



こっちが♀で…



こっちが♂っすね。
でも、どっちもキッチリ服着てるので…
アレ、見えないじゃん。



Jul./'19
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
見どころはもちろん地獄に決まってます。
でも、ちょっと規模小さかったですね。
地獄以外は…
まあ、塔と、隣の礼拝堂は、ちょっとだけ変わっていますが、別にわざわざ見に来るほどのものではないですし…
地獄好き以外は来る必要ないかな?

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 16°20'38.4" N
102°49'55.1" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: