ウボンラチャタニ周遊編3日目編始まりました。
新規6か所+再訪1か所を予定しています。

ウボンラチャタニ周遊編の後は、バンコク東部1Dayトリップ編へと続く予定ですのでお楽しみに。
…だいぶ記事を書き溜めたストックが尽きてきたよ。
どこかで、1日1記事に減らすかも…


解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

14.1.20

Wat Phuttha Wanaram(Wat Pa Wang Nam Yen) / Maha Sarakham

舟型お堂寺から南に向かって移動していますと、なんかデカい仏塔が見えてきましたよ。
ちょいと寄り道してみますか。



お寺の名前は、ワットプッタワナーラーム(ワットパーワンナムイェン)(วัดพุทธวนาราม(วัดป่าวังน้ำเย็น))かな?
つ~か、自分のお寺の名前、間違えるなって!
かっこの方の意味は…
冷水森宮殿寺?
いわゆる愛称みたいなものなのかな?



しかし…
なんか、デカい建物がいっぱいですね~


まあ、とりあえず、こちらのデカい建物から行ってみましょう。
タイ人も結構ここに入って行ってるみたいですしね。



ええっと…
サーラーソムデットプラ…
まあ、ともかく偉そうな方が奉られている東屋ってことかな?



結構開放的な作りですね~
そして、これも総木造りのようですね。



結構タイ人達も侵入を果たしているようですし、私も続くとしますか。



お邪魔します~って、広い!



とりあえず、色白のテープタンチャイさん。


う~ん、遠いの~あそこまで行くの面倒くさいの~



あ、たまたまタンブーンだ。



もう少し…



ふ~ようやく到着っす。
ってか、GoogleMapで見ると、80m近くあるんですね。
長いって。



とりあえずセンターの人。
これが、さっきのソムデット云々の方かな?



で、脇の仏像。
まあ、どうでもいいかな。






遠いな~



あ、クリアレッド仏像が並んでるよ。
みんな寄進物かな?


ま、いっか。
とりあえず、次行きましょう。
でも、正面のあの建物は、入り口が見当たらんし…



あ、ナーガ君だ!



って、発泡スチロールかよ。



では、最初にここによるきっかけとなった、あの仏塔の方に行きますか。



橋の脇の人間ナーガさん。



…この柵じゃまだよ…



では、橋を渡るとしましょう。



こういうマット処理のナーガ君、珍しいですね。



ということで、仏塔です~
結構でかいですね。



尖塔部。


ここで靴脱がないといかんのね…



って、熱い、熱い!
なんでタイ人はあんなに平気な顔して歩けるんだろう…



仏塔なんて、チラ見しておしまい!



はぁはぁ…
今日のところはこれぐらいにしておいてやろう…



あとはっと…



あそこにも木製のデカい建物ありますね。



建物脇の象さん。



ええっと…



何もないじゃん。
まあ、タイの暑さ対策ということかな?



では、2階に上がるとしますか。


しかし、いろいろ何でも木でできているんですね~
しかもデカい。



さすがに銅鑼は木とはいかなかったようで…
でも、つりさげているフレームは、何とか木っぽくしようと努力した痕跡が見受けられますが。



ええっと、あそこが2階かな?



なんかテラスみたいになっていますね。



…どのあたりに自撮りポイントがあるのか、良くわからん…



中は…



広い!



とりあえず正面中央の仏像。
さすがに樹脂製だよね。



でも、ちょうど後ろから採光しているので、光が透けて、ちょっときれい?




これは何?



あとは…
あの建物を見に行くとしますか。



こっちもばっちり総木造りですよ。



こっちは、ちと狭めですね。



まあ、なんか説明が書いてありますが、解読は皆さんにお任せです。


見なくても、どうせえらい方の遺物、レリックなんでしょ?



で、その持ち主がこちらの高僧様って寸法でしょ?



あ、エメラルド仏だ。



では、このエリアはあらかた見たようですし、見どころを見直しつつ、戻るとしますか。



あ、橋の仏塔側にも人間ナーガ君いたよ。



あんぎゃー!



じゃないか、人の体してるし。



あっ、さっき入り口がないって思った建物、車の裏側に入り口隠れてたよ…



中、大したもの無いけどね。



って、あれ?
道の反対側にも、デカい建物があるよ。
めっちゃでかいし。


ドンッ!
高さがあるから、余計にデカく感じるのかな?



破風の仏塔の絵、さっきの仏塔と違うよね…



う~ん、下まで来ると、大迫力ですな~



では、上がるとしましょう。



なんか、ちょっと和っぽくない?



擬宝珠っぽいのもあるし、少なくとも、タイっぽくないよね。
では、中に入って見ましょう。



広いね~
最初の建物ほど奥行きはありませんが。
そして、まだ作りかけなのね。



おや?
床に仏像が置いてありますよ。
そして、後ろの構造物は…
もしかして、ナーガさん!?
ってことは、このあとこいつらが2身合体するわけですね!
かっちょええ!


仏陀の方。
こいつ自体は、それほどデカくないですが、まあほぼ完成済なのかな?
それとも、これから螺髪を彫り込んでいくのか?



そして、すでにひび割れてるし…
慣れないことをするから。



そして、ナーガの方。
デカいよ!
ってか、仏陀が小さすぎなのか?



ナーガの頭部は、まだこれからって感じです。
残念。



ナーガ君近くからの、入り口側の様子。



ところで、この巨大木造建築物の右側にも、デカい建物がありますよ。
さすがにあれは、総木造りじゃなさそうですが…



まわりには資材っぽいのが散乱していますよ。
さっきの巨大木造建築物用かな?


ここから見た、木造巨大建築物。
かっちょええ…かっちょええんだけど…
屋根だけもう少し何とかならんかな~



で、木造じゃない巨大建築物の方。
これはこれで、結構でかいっす。



なんか嫌な予感がしますが…
まあ、入ってみましょう。



…資材置き場?
もったいないな~



なんか奥にいたけど…
真ん中のやつ、もしかしてさっきの2身合体ナーガ仏陀のモックアップかな?
と思ったけど、ポーズ違うか…



Jul./'19
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
比較的新し目のお寺なんでしょうか。
まだまだ絶賛拡大中の模様です。
でも、仏塔はともかく、たくさんの巨大木造建築物に、橋の欄干の人間ナーガ君など、魅力的な見どころを持った、将来有望なスポットですよ。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 16°12'14.3" N
103°18'17.4" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: