コラートブリラム遺跡編も、プラーンバーンプラーンで、長かった遺跡連発も終了です。
残り3か所は、遺跡じゃないのでご安心ください!

コラートブリラム遺跡編の後は、チャチェンサオチョンブリ1デートリップ編、スコータイ近辺遺跡舐めまわし編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

28.1.20

Phuttha Monthon Isan Janwat Khon Kaen / Khon Kaen

ヒンドゥー地獄寺から、そのまま環状線を北上していると、右手にこのようなものが現れます。
プッタモントンイーサンチャンワットコーンケーン(พุทธมณฑลอีสานจังหวัดขอนแก่น)…
ナコンパトムにある、あれの分祀みたいなもの?



まあ、ともかく、見どころはアレ…のはず。



さらにズーム。



近くまでやってきました。
微妙に、まだ作成中なんですね。



一応、ここからのアップ。
だってね、いつものことですが、近くに行くと、下から見上げた構図になっちゃいますからね~



しかし…



本体が黒いんで、なんだか良くわからんね…
これでも、晴れているよりはましなのかな?



さてっと…
とりあえず、脇の階段から、一段上のところに行ってみますか。


一段上は、こんな感じで…
なんもないね。



一応、ここからの眺め。




開いてないじゃん。
期待してたのに~



ということで、中央の階段を一気に登って、プッタモントンさんの御許に上がってきました。
まあ、なんとかディティールがわかるかな?



足元のタンブーン場。



まあ、身代わりですね


タンブーン場から、正面を眺めてみました。
広いですね~
そして、何もない。



プッタモントンさんを、斜め前から。



そして、斜め後ろから…



ところで、そのプッタモントンさんの後ろ方向、池の向こうに、何やら怪しげなものがあるんですが…
せっかくなので、行ってみましょう。



Jul./'19
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
見てのとおり、ぶっちゃけプッタモントンさんだけのスポットです。
まあ、周りは公園として、ある程度整備されていますので、公園で散歩とか、ピクニックとかが苦にならない人なら、多少は楽しめるかも…
私は?
無理っすね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 16°30'41.8" N
102°52'10.5" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: