Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編、始まりました。
予定通り、再訪ばかり…
再訪10か所+新規2か所を予定していますので、お楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

16.1.20

Wat Aram Mongkhon / Kalasin

チープ地獄絵寺から、さらに北東に10kmほど移動…
カラシン県に入ってきました。
といっても、まだカラシンの街までは、もう少し距離があるんですけどね~
場所的には、ヤーンタラート郡の郡都って感じですか。
その一角にひっそりと立っているのが、こちらの、ワットアラームモンコン(วัดอร่ามมงคล)というお寺です。



いきなり登場の本堂。
いきなりラスボスかよ~



ってこともなく、相変わらず、参拝客を拒絶し続けています。



あっ、なんか地下への扉が開いてますよ!
入ってみましょう!



ちょっとぐらい掃除しろよ…



お次はこちらのお堂…
ああ、一応、入り口から奥に向けて順番に見ているだけっす。



おっ!
壁には絵が描かれてますね~



絵自体は、まあ普通の?仏陀の生涯かな?



ええっと…



どこにあるのかな~


って、地獄絵、このガラスで囲われた密室の中かよ!
開いてないから、こうやって外から眺めるのみ…
残念。



あっ、仔ヌッコ!
でも、警戒されてるな~



そのお堂の奥には、なんともヤバそうな色の池が広がっています。
ちゃんと撹拌して空気を入れないと、ヘドロ溜まるよ~



で、その池に沿って、簡易的なサーラーが並んでいます。



あ、池の向こうになんかいる!



ああ、ナスの蔕さんですか。
まだ、作りかけですが。
え?
なんで近くに行かないのかって?
行っても後ろ姿しか見られないじゃん…



あっ…


ネーン君…なのかな?
白髪だし、目がチタン君だし~
それとも、カツオくんかな?



ふ~ようやくお目当てのエリアに到着したようですね。
遠かった~



とりあえず坊さん。



一休さん?



こっちの池もかなりやばい色してるよ…



で、誰?



おっ、なかなかデカい、天上天下君ですね。



でも、とても生まれたばかりには見えませんね。
小学生ぐらい?



その奥には、サンドイッチ涅槃仏も待ち構えていますよ。



ホットドッグの具みたい…


でも、ご尊顔は、なかなか穏やかで良い表情ですよ。
まさに、涅槃に入るところって感じですか。



で、最奥には、こちらのガネーシャ様が控えています。




とてもこの顔では信仰する気湧きませんよ…



あ、亀君だ!



…絶対着ぐるみ着た人間だよね、こんなポーズするの。



Jul./'19
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
このお寺の真価は、見てのとおり、奥のコンクリ像エリアです。
色々あるんですが…
それぞれが小ぶりなのが、ちょい残念。
デカさで圧倒するか、数で勝負するか…
もう一押し欲しかったかな?
地獄絵?
あんなのは、ないも同然です。
だって入れなかったし。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 16°23'08.4" N
103°21'27.3" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: