アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編、とうとう始まってしまいました。
全61か所…だったかな?のほとんどは微妙な遺跡という、コテコテな内容になっています。
少しだけ普通のお寺もありますけどね。
初日編は、全部で34か所周ります。
ほとんどは…というか、1か所以外は、大なり小なり全部遺跡絡みだよ。

アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編の次は、バンコクパワースポットめぐり編、西部プチ旅行編と続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

8.1.20

Wat Phuttha Pradit / Maha Sarakham

高僧寺から、北東に4kmほどのところにある、ポーントーンの集落にやってきました。
こちらの、ワットプッタプラディット(วัดพุทธประดิษฐ์)に用事があるのですが…
めっちゃ通れんじゃん。



とりあえず、門の脇のナーガ君。



ということで、ぐるっと周って、駐車場側から境内に入ってきました。
それで…




さすがにここには近づけんよね。



というわけで、まずはあちらのお堂を攻めてみましょう。



ああ、良かった~
開いているみたいですね。



うっ、思いっきり横側でした~


ということで、改めて正面側から。
なんか壁画が凄いですね~



とりあえずご本尊様。
お坊さんが説法中なので、ちょっと近づきにくい…



というわけで、ズームで…
もう、窒息済ですよね?



それで、周りの壁画なんですが…
まあ、お約束の、お釈迦様の生涯の絵ですな。
なんか、みなさんおかまちゃんっぽいのが気になりますが…



メートラニー様無双シーンですね。
むしろ、こっちの方が男っぽいですよ。



諸行無常…



ええっと、お隣は…



開いてないや。
これが本堂なのかな?
結界石見当たらないけど。



う~ん、しかし、目的のものはどこにあるんでしょうね…


もう、残るはこちらの集会場しかないんですけど。



ガッツリ閉まってるんですよね~



って、ああ~っ、開いてるところあったよ!
それでは、さっそく侵入しましょう。



中は、まあ講堂みたいな感じなのかな?
ここにも、壁には仏陀の生涯っぽい絵が描かれていますね。



とりあえず、仏像等に、見るべきところはなさそうですが…



おや?
なんか、みなさん争いをし始めましたよ。
この流れは、まさか…まさか…



キタ―――(゚∀゚)―――― !!
地獄絵やで~
知ってましたけどね、目的だから。



お前なんか、閻魔様の前で、八つ裂きじゃ~!



つ~か、ここの地獄絵、それぞれのシーンが、1枚の絵としてつながってるんですね。


なので、ちょっとづつ、上の写真の端が写りこんじゃうわけです。
重複してすいません…



淡々と八つ裂き…



1本に獄卒1人って決まってるのかな?



嘘つき君は、舌を抜いたうえで、奈落の底に落としちゃうぞ…かな?



飲め飲め~
地獄特製スープだぞ~
アロイアロイ。



ということで、ダメダメ人間さん達は、自分で努力をせずに、他人に頼ると…
そういうことなのかな?



Jul./'19
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
もちろん見どころは、地獄絵っす。
1枚絵の、シームレスなので、写真を撮るのは悩みますが、見る分には、よきよき。
まあ、お堂の壁画もなかなかでしたが、おまけですね。
その他は…
放置しておk。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 16°21'48.6" N
103°09'12.8" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: