アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編、2日目始まりました。
計26か所の予定をしています。
1日目と同様、ほとんどは遺跡だよ。

アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編の次は、バンコクパワースポットめぐり編、西部プチ旅行編と続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

25.1.08

Wat Ratchabaphit / Bangkok

再訪

お次は、日本人納骨堂寺から、そのまま北上したところにある、ワットラーッチャバピットにやってきました。
いや~久しぶりに、あの円形の回廊とかが見たくなって…
しかし、歩道を工事しているのか、歩きにくいよ。



そして、なんか、人多くない?



とりあえず、衛兵さんにご挨拶。



サワディーカップ!



う…
ピンボケや。


しかし…
どういうこと?
何でこんなに人がたくさんいるの?



前回来た時は、ガラガラだったのに…



まあ、とにかく、まずは中央の仏塔の方に向かっていきましょう。



ああ…
人が多いと、焦っちゃうのかな?
小心者なんで。



う~ん、あの曲線はかっこいいですな~



で、ここが回廊内部への侵入口です。



ワットプラゲオとかと同じ技法で作られているようですね。



では、内部に侵入するとしましょう。



近いよ~!



今日のレンズでは、こんな画角が精いっぱいです。



しかし、なんでこんなに人が多いんだろう…
何か特別な儀式とかがあるの?



一応動画でも…




う~ん、仏塔の中に入れん…
隙間からのぞいてみますか。




良く見えんよ。


う~ん…



こっちも入れんし…



これ以上、ここで出来ることないですね。



つ~ことで、回廊外部から愛でることに変更しましょう。



この円形な回廊は、タイのお寺でも特殊ですね。
他はみんな四角なのに…
これが、ラマ5世の西洋傾倒趣味の世界?



動画でも…




あ、象さん。



ええっと…



ここもアカン…



まあ、こんな感じかな。



ところで、お寺正面のこの建物…


なんか、日本の蔵みたいなデザインで、かっこいい!


Feb./'19

以下過去の記事


バンコクチャイナタウン、オールドサイアムのすぐ近くの下町の中に、このワットラーッチャバピット(วัดราชบพิธ)があります。
ここはヨーロッパかぶれ…ではなく、感化されたラマ5世陛下が作った寺院です。
そのため、彼の趣味が所々にちりばめられているそうです。
!!この入り口の門番もヨーロッパの影響でしょうか??



これも趣味なんですね、きっと。



中は言うだけあって他では見られない、円形の回廊がぐるっと周っています。



その中心にチェディ(仏塔)が構えている、という構造のようです。



Jan./'06
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
この円形の回廊自体は珍しいです。
入り口の門番は以外に結構あります…特にバンコクなんかは…
逆に言うと他には特に見所なしです。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
13° 44'56.87" N
100°29'50.36" E


View 変スポ in a larger map

0 件のコメント: