実際に行った時期と、記事のUP時期に、2年近く差がついてしまっているので、12月は挽回強化月間?ということで、極力たくさんUPしていく予定です。

今回の地獄絵寺で、チャチェンサオ編終わりです。
その次は、9か所ほど、バンコク&隣の県を周って、今年のUPは終了となります。
で、年始は…地獄寺を1つ挟んで、そのあとアユヤタロッブリ編に突入する予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

30.1.08

Wat Thammamongkhon Thaobunyanon Wiharn / Bangkok

バンコク⇔チョンブリ間を結ぶバンナートラート高速を走っていると見える、変わった建物があります。
通勤でここ使うんで、嫌でも毎日目に入ってきます。
ということで行って見ましたよ、とりあえず。
ウドムスックに程近い、スクンヴィットSoi101を奥に進むと…見えてきました、看板が。
ワットタムマモンコン(วัดธรรมมงคล)と読むようです。
※看板はDhamma...となっていますが、タイ語のスペルからするとThamma...が正しそうです。



看板のある細い路地をズンズン奥に進んでいくと…おお、見えてきましたよ。



正面からチェディ(仏塔)を見たところ。
説明書き(英語)によると、この塔はインドブッダガヤの塔のイミテーションで、上の塔(なぜかタイスタイル)の先っぽにある傘はダイヤモンドで飾られている…
とか、どこまで信じていいのかわからないようなことが書かれています。
ともかくこんな形の塔は他ではなかなかお目にかかれません。



塔の裏側には立像があります。
6~7m程度でしょうか?



その上にも壁一面にレリーフが施されています。
表も裏も結構凝った装飾になっています。



塔正面のお堂は…本堂でしょうかね?
ご本尊としてはそれほど大きくないようですが…
そうもバングラディッシュから拝借?してきたもののようです。
普通にタイ人がお祈りしています。



ちなみに塔に登ってみました(エレベーターと階段併設)が、どうも学校っぽい作りでした。
入り口付近には、ここのお寺の完成予定図…っぽい模型が飾ってあります。
でも、実物はこんなにいっぱい建物ありません。
現在はまだ50%以下の完成度のようですね。



さて、となりにはまたちょっと変わった建物があります。
プラブッダモンコンタムスリタイ(Phra Buddha Mongkhontham Srithai)展示館…英語に”Pavilion”って書いてあった…と言うようです。
でも壁は全面ガラス張りですし、たしかに普通のお寺とはイメージが全然違います。



中には金色の岩?の上に仏陀が鎮座しています。
あんま大きくないですね、飾りはすごいですが。



天井のレリーフも結構凝っています。



奥には観音様…こっちも不思議な装飾が…なんで背景だけ岩の模様なんでしょうね?



英語の説明を信じると、この2つの像はカナダ産の翡翠で出来た世界最大のもの一つで、しかもなぜかイタリア人芸術家によって作られた…となっています。
…自分の訳があっていればですが…念のため英語説明も付けときます。



Jul./'06
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
まあ、一般人が行ってもあんまり面白くないかもしれませんね。
でも普通のお寺に飽きた人なら結構面白いですよ。
観光客皆無ですし。
でも、模型を見ると結構な庭園も作られる予定のようですし、完成すればもっと楽しめるかもしれません。
…あれ?そういえばどこにも金箔貼ってなかったよ…(見逃したかな?)

Google earth 座標(分かるやつだけね)
13° 41'16.72" N
100°36'56.03" E


View 変スポ in a larger map

5 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

突然ですが、コミュニケーションサイトを運営しております。
p-netbanking と申します。当サイトでは、
「人気ブログをランキング」を重要なテーマとし、
ブロガーの方々の、コミュニケーションの場を提供すると同時に、
どなたでも無料で参加でき、よりエンターテイメントに、
気軽に立ち寄れるサイトを目指し、日々、努力をしています。
貴ブログ様のご登録の御願いにコメント欄を
お借りしてご案内をいたしました。
是非とも、貴ブログのご登録、及び、
ランキング参加を御願いできれば幸いです。
こちらのサイトです。
http://www.p-netbanking.jp
検索バー横にブログ登録フォームがあります。
また、検索サイト・ランキングサイト等より訪問しております。
重複してご案内になりましたらお詫び申し上げます。
なお、全く興味のない方は、削除してください。
失礼いたします。

謎の匿名コメンテーター さんのコメント...

あへっ、全ての記事のコメント一番乗りを(ついさっき)目指したのに、、、先を越されたよ。
 この塔は目立ちますね。行ってみたかったけど、どうやって行くか判らなかった、、、今もやっぱりわからない。高速からだいぶ遠くにありますよね。

マレーンポー さんのコメント...

google mapで見たら、どうもスクンヴィットsoi101(/1とかなし)のようですね。
そこを入り、最初の運河?を越えて少し(50~100m)行った右手に看板があります。
そこの路地を入ると見えて来ると思います。
高速からは…2kmぐらいありそうですね。

匿名 さんのコメント...

このお寺はタイの人々に絶大な信仰を集めているお坊さんが創設されたお寺で、そのお坊さん自身は海外に布教に行っていて、1年に1回ここに戻って来られます。その時期はこのお寺に1万人もの信者が押し寄せて大変な騒ぎになります。大変有名なお寺ですよ。

マレーンポー さんのコメント...

そうなんですか~
私が行った時は、ガラガラだったんですが、そんなにすごいんですね。
確かにかなりお金かけているようなんで、有名なのかな~とは思っていましたけど。
1万人もここに押し寄せると、どんな感じになるんでしょうね~
一度見てみたいものです。
BTSもそのうち開通して、行くのに便利になりそうですしね。