Pino Latte Resort & Cafe / Phetchabunで、1994スポット目になりました。
あと6か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

23.1.08

Wat Phra Si Sanphet Chayaram / Suphanburi

再訪

まあ、せっかく山頂仏塔遺跡まで来たことですし、ついでにワットプラシサンペットチャヤラムの方ものぞいてくとしましょうか。
といっても、今は仏塔側=裏側なんで…



表側に周りこんできました。
つまり、東側です。



このモンドップからの、ウートーンの町の眺め。
つ~か、参道が長くて、市街地がずっと遠くにしか見えん…



では、モンドップに入るとしましょう。



まあ、名前が示す通り、中央にでーんと仏足石が置かれていて、それを仏陀が温かく見守るっていうシチュエーション…
自分の足跡を眺めるなんて、咬んだ鼻水をつい確認してしまうような…そんな心境なのかな?



その仏陀達。



で、仏足石。



一応、ちょい引いて、斜めからも見てみました。
え?例の涅槃仏はって?
階段下りていくと、登ってこなくちゃいけないじゃん…
面倒くさいので、今回はパスパス。



Mar./'19

以下過去の記事


スパンブリの片田舎、ウートン郡の中心にある、このワットプラシサンペットチャヤラム(วัดพระศรีสรรเพชญาราม)…
特に有名でもなんでもない(タイ語のガイドには載っていましたが)、なんの変哲も無いお寺です。


じゃ、何でここに行ったかと言うと、中腹にあるここの涅槃仏がかわいそうだからです…
ほら、こんな窮屈なところに押し込められてます。
肩なんか天井に当たってますし、なんか岩に挟まれているみたい…
かわいそうなんでしっかりタンブーンしました。


さらに階段を登ると山頂…ってか岩山っぽいので岩頂?には当然本堂があります。




比較的他の建物は新しいのに、何故か本堂の裏にだけチェディ(仏塔)の残骸が放置してあります…


山頂から寺の裏側を見渡すと…墓ばっか…他に何にもなし…


じゃあ、表側は…というと、一応参道があるけど木ばっかり…
でも、実際は郡の中心なんでそれなりに建物やお店はあるんですけどね。


Jan./'08
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
まあ、わざわざくるほどの場所でもなさそうです。
(我々はわざわざ行きましたが)
あの、かわいそう?な涅槃仏が気になる人は行ってみてください。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
14°23'02.23" N
99°52'19.48" E



0 件のコメント: