今週半ばに、日本に一時帰国します。
来週中旬に戻ってくる予定ですが、今週水曜日の更新を最後に、1週間ほど更新しませんので、ご了承願います。
ツイッターはやってる予定。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

23.5.08

Wat Jantharangsi / Ang Thong

アントン市街から南に行くこと数kmほど…
幹線道路からちょっと奥に行ったところにこのワットチャンタランシ(วัดจันทรังสี)はあります。
まともに案内無かった(と思う…タイ語のも)のでかなり分かりにくいところにありますが、大きなウボソット(プラサートかな?)の屋根が目立つのでがんばれば見つけられると思います。
つ~か、この屋根かなり変わった形しています…8角形でしょうか?
ここのイメージキャラは象なのか、入り口からお出迎えです。



境内には、これまたデカイ狛犬(にしか見えませんが、これシンハ?)が待ち構えています。
本体のみで2m以上…土台と合わせるとざっと5mってところでしょうか?
先の象さんもそうですが、結構しっかりした作りで、他の怪しいコンクリ像のあるお寺のそれとはレベルが違うようです。



建物の正面には、これがメインなのでしょうか?ひときわ大きな象さんが陣取っています。
(とはいっても先の狛犬よりちょっとでかいぐらいですが)



境内の中心にある建物の中には、黄金に輝くお坊さんの像が、これまた建物の中心を陣取っています。



まあ、台座込みで10mってところでしょうか?
かなり作りはリアルなようです…先のアユタヤのなんとかかんとか博物館のを見た後なんで余計にね。



タイ人には人気スポットで…ってのはうそで、たまたま来てた人たちですけどね。
もちろん確実にマイナースポットです。



周りの壁には、いつもの天国の図…ではなく、チャクラの回し方でしょうか…それとも気の溜め方でしょうか…の説明書きがされています。



これは気を溜めるイメージの図でしょうか…これ覚えたら、カメハメ波打てるかな?



ところで境内の至る所で、この千手観音の写真や幟を見ることが出来ますが、これがここで一番有名なんでしょうか…その割には屋外に放置されていますけど…(一応ガラスケースの中ですけど)



裏ではタンブーンも出来るよ。



May/'08
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
ちょっと普通と違うプラサートが特徴的で、外観だけでなく中もちょっと変わっていますね。
比較的新しいようで、建物も境内も整備されています。
ただ…ここだけを目的に行くにはちょっと役者不足のようです。
他のポイントとあわせて行くことをお勧めします。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
14° 33'45.04" N
100°27'57.81" E


View 変スポ in a larger map

0 件のコメント: