実際に行った時期と、記事のUP時期に、2年近く差がついてしまっているので、12月は挽回強化月間?ということで、極力たくさんUPしていく予定です。

今回の地獄絵寺で、チャチェンサオ編終わりです。
その次は、9か所ほど、バンコク&隣の県を周って、今年のUPは終了となります。
で、年始は…地獄寺を1つ挟んで、そのあとアユヤタロッブリ編に突入する予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

26.5.08

Wat Prang Ku / Chyaiya Phum

チャイヤプーム市街の東寄りにある、このワットプラーンクー(วัดปรางค์กู่)。
この、ほのぼのとした門の絵からして、何かやる気の感じられないこのお寺。
…ってか、お寺の名前の部分、欠落してるよ~~



ここの主はこの仏陀。
サイズは8m程度と思われますが、なんと言ってもこの…いやらしそうなご尊顔がどうにも気になります。



境内には、他にもプラメートラニ様とかもいらっしゃるんですけど…



でも、ここの本当のメインはこっちの門の外にある、クメール遺跡のほうのようです。
大体お寺の名前がプラーンクー。
プラーン=クメール式仏塔
クーは…何でしょう…手持ちの辞書には載ってませんでしたが、この手のクメール遺跡の名前にチョコチョコついていますので、ソレ系のものをあらわしていそうなのですけど。
つ~か、こっちは通りを通っているといやでも目に入る場所にあります(カーブの途中のアウト側なんで、いやでも目に入る)が、お寺のほうは遺跡に気を取られ、止まってからはじめて気付くレベルです。



写真これしか残っていないんで、切り取り拡大ですが、レリーフも何もありません。



May/'08
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
まあ、お寺自体にまったくお勧めする要素が見当たりません…あの大仏だけですかね。
上にも書きましたがメインは遺跡。
でも遺跡も、瓦礫をとりあえず積んだレベルで、特にまぐさ石等の装飾も残っていず、「本当に昔こんな形だったの?設計図も写真も何もないのに」といった感じ。
両方合わせてやっと★1つってところでしょうか?

Google earth 座標(分かるやつだけね)
15° 48'21.84" N
102°02'38.90" E


View 変スポ in a larger map

0 件のコメント: