祝!1900スポット!
何もないけど。

ムーン川を見守るように立っているナーガが魅力の、ワットパーパークドームで、1900スポット目になります。
正確には記事数なんですけどね。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

17.9.19

Wat Khao Sung Jaem Fa / Kanchanaburi

ポントゥック遺跡サイト2から、南西方向に10kmほどの、山際にやってきました。
お寺の名前はワットカオスンジェームファー(วัดเขาสูงแจ่มฟ้า)というようですが…



なんか、目つきの悪いやつが、こちらを睨みつけていますよ。



とりあえず、池の人。



で、目つきの悪い、イエローガネーシャ様。
ざっと10mと言ったところでしょうか。



子分のネズミ君。
百田直樹先生の言葉を借りると…
へんずり中?



こちらは、エロ本を熟読中…
なわけはないと思いますが、何の本なんでしょうね。



では、改めまして、イエローガネーシャ様を正面から。
10m級とはいえ、これだけ近づけば、さすがの迫力ですよ。




で、後ろ姿っと。
まあ、こんなの、まだ入り口に足を踏み入れただけですし、先を急ぎましょう。



なんせ、あの先に、いろいろなお方が待ち受けてますからね!



ということで、上にやってきました。
下からは見えませんでしたが、プララーフー様が行く手を遮ってきます。



どうですかね、これもざっと10mと言ったところでしょうか。
GoogleMapの感じだと。



なんか、いつも見るプララーフー様よりも若く見えるのは、お目目がクリクリで、パッチリだからでしょうか。



で、その彼がガン見しているのが、あちらのホワイトハイプリースト…
って、わざわざカタカナにしなくてもいいですね。
まあ、白い高僧像です。


靴を脱いでっと…



さっきのガネーシャ様。
ぶっちゃけ、門番的な扱い?



ん?
なんか、あそこだけ橋?が飛び出ていますね。
展望台かな?



しかし、なんというか、不安な作りですな~



しかも、わざわざ足元が見える仕様になっている…
微妙にガクブルです。



ということで、展望台の先から、白い高僧像を眺めてみました。
ええっと、ルアンプートゥアットさん(หลวงปู่ทวด)だって。



言われないと、ちょっと微妙な造形…
色がないから?



ルアンプートゥアットさんの座布団の中は、一応タンブーン場になっています。
ガラガラなのは…
ちと、くる時間が早すぎたから?


おなじみの高僧達が、タイ人の皆様が来るのを心待ちにしているのにね。



あ、プララーフーさん。
なんか、外のヤツと、いろいろ違うね。



ああ…ピントが…



ということで、別角度から。



後ろのパネルは、タイ国内の、有名な仏塔シリーズみたいですね。
このお寺、仏塔がないから、無いものねだりかな?



さてっと。
次は、あちらの本堂っぽいところに行ってみましょう。



あ、ナーガ階段だよ。



そして、破風のこれは…
ハンサかな?
ということは、乗っているのはブラフマー神ってことになるんですけど、なんか違うような…


それで、本堂の前なんですが、テントがあって、お堂が良く見えん…



テントの下の方々。



で、本堂内部。
ごちゃごちゃした感はあまりありませんが、壁一面の絵に、ずらっと並んだ曜日仏など…
結構派手ですね。



とりあえずご本尊様。



で、ご本尊様側からの、本堂内の様子。
一面に描かれている絵は、仏陀の生涯くさいですね。



諸行無常…



で、このおっさん、誰?
ファランかな?



ということで、改めて本堂全体を…
コテコテの様で、コテコテじゃないんですね。


そして、本堂の両サイドにも、このようなサーラーがあって、仏像に、仏陀の生涯画が並んでいます。



それで…



さっきから、ずっとこちらをのぞいているお方がいるのですが…



ということで、最奥でお休み中だったのは、大ボスの涅槃仏様っす。
GoogleMap測定だと、25m弱と言ったところでしょうか。



良く見ると、ちょっとイケメン?



でも、足元から見ると、ちょっとポーズが変な感じ。



足の裏とお背中…
では、次に向かうとしましょう。



Mar./'19
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
ガネーシャ様、プララーフー様、ルアンプートゥアットさんに、涅槃仏と、大物がそろっているのが良いですね。
それ以外は、まあ大したことがないですが、タレントがそろっていると、やっぱり見栄えがしますよ。
欠点は、もちろん行くのが大変ってところですが、気になるかたは、行ってみる価値ありかと。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°51'09.0" N
 99°42'40.5" E



0 件のコメント: