あ…知らん間に1950スポットになってたよ。

アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編、2日目始まりました。
計26か所の予定をしています。
1日目と同様、ほとんどは遺跡だよ。

アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編の次は、バンコクパワースポットめぐり編、西部プチ旅行編と続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

3.9.19

Suwan Nong Nut Phathtaya(Nong Nooch Tropical Botanical Garden) / Chonburi

真実の聖域の次にやって来たのは、こちらの巨大施設。



ここ、スワンノンヌットパッタヤー(สวนนงนุชพัทยา)日本人的には、ノンヌット・トロピカル・ガーデンですかね。
だって、タイ国政府観光庁公式HPの日本語がそうなってるし。



ええっと…
チケットはここで買うのかな?
しかし、中国語が多いですね~
やっぱり中国人団体客とかが押し寄せているんでしょうね、受け入れ可能な大型施設だし。



って、工工エエエエ(´Д`)エエエエ工工
また2重価格かよ…
タイ人200バーツに対して、外国人500バーツ、子供に至っては、タイ人タダだって。
ああ、Beautiful Gardenの欄しか見ていませんよ。
象乗りとか、ショウとか、食事とか興味ないし。
なんせ、目的はDinosaur Valley(หุเขาไดโนเสาร์)、恐竜の谷だけですからね。



ということで、しぶしぶ500バーツを支払い、内部に侵入しました。
とりあえず、通ったところにあるものをチラ見しつつ、まっすぐと、奥の恐竜の谷に向かいましょう。


いきなりサボテンかよ!
って、トロピカルガーデンを謳ってるから、当たり前なのか。



しかし、デカいですな~
普段手のひらサイズのサボテンしか見ないから、違和感を覚えますよ。



ん?あの建物は…



象乗り体験の、象の休憩所かな?



餌やりも出来るのかな?
私は見るだけですけど。



ん?
ちょっと開けたところに出ましたよ。



なんか、噴水を中心に、お花の花壇を配した公園みたいな感じになっているのかな。



ただ…



なんか、周りに変なのが並んでますよ!



なんか、デカくて…
造形が微妙。
サーベルタイガーかな?



サーベルタイガーの後ろには、餌の豚が、食べられるのを待っていますよ。
っていうか、なんでこいつらの造形はまともなのよ…





あ、こっちにもサーベルタイガーがいた。
でも、ちょっと鬣?が少ないから、メスなのかな?





ええっと、恐竜の谷に向かうルートみたいですね。
これを使ってワープしますか。



なんか、ジャングルみたいで楽しいですね~



そして、結構遠い…



おや?
なんか仏教っぽい施設がありますね。
なんでトロピカルガーデンの中にこんなものがあるんでしょう…
サンプラプーム、精霊廟みたいな感覚なのかな?
ちょうど降りる階段もありますし、寄り道してみますか。



ということで、正面にやってきました。

あのタイ人達が、自撮りに夢中なので、空くまで待っているところです…



全然終わらないので、諦めたの図。



入り口の謎生き物。
まあ、聖獣のなんかだと思いますが、あまりそちらに詳しくないもので…



後ろのやつ。



で、内部は…
こんな広いのに、真ん中のあれだけですか。
なんと贅沢な作り…


ま、ブラフマー神のようですね。
では、一応お参りを…
南無南無 (‐人‐)ナムナム


お次は…
なんかでかい建物がありますが、中に車が見えていますね。
駐車場かな?



って、高級外車を展示しているのか!
さすが、オーナーのコレクションって感じなのかな?













さて、先を急ぎましょう。



この辺り、謎の空中花壇?が並んでいますが、目的はなんなんでしょうね。



おや…



うぉっ!
巨大な虫がいっぱい!
これ、虫嫌いな人は、近づくのも躊躇しそうな凄い光景ですよ。



私は、比較的虫好きなんですけど、さすがにちょっと不気味…
なんで、こういう微妙な昆虫をチョイスしたんでしょう。



…下にもうじゃうじゃいるよ…
囲まれちゃった?



しかし…
これは、さすがに厳しいですの~







はぁはぁ…
何とか致命傷で済んだよ…



この辺りも、動物のコンクリ像があほみたいにありますね。



で、どうもこの橋の先が、恐竜の谷のようですよ。




ああっ!いたよ~!
と、ここからは、恐竜の写真が腐るほどありますので、コメントは最小限にしておきます。
ほぼすべての種類の恐竜の像の写真を撮ったと思いますので、ご堪能ください。











ええっと…
まずは、橋を渡って右側の、こちらのエリアから見回りましょうかね。





















































え?
Cuctus Gurden Ⅱ?
サボテン庭園ってこと?ここ。
どう見ても恐竜庭園でしょう。





















はぁはぁ…
ようやくサボテン庭園の恐竜を全部やっつけましたよ…



お次は、道の反対側に行ってみましょう。



この辺りは、まだまだ恐竜を増強中のようですね。



まあ、完成しているのもあるけどね。



ええっと…
右側と正面は、恐竜なさそうなので、左側に進むとしましょう。



ああ、やっぱこっちには恐竜像があるようですよ。



















あっ!
ひときわデカいやついた!



何かは知らんけど。









ということで、橋を渡って右手のエリアはこれぐらいみたいです。
次は、左手のエリアを攻めてみましょう。









なんでこれだけ中国語表記…
中国様に阿ってる?









ローマー!
イルカや…と思ったら、足がついてたよ。





そして、こちらが恐竜の谷で一番目立っているやつら。
なんせ、デカいですからね~



この手前のデカいのは、ブラキオサウルスだって。



一応動画でも…


周りのやつらが雑魚に見えてきちゃいますよ…




そして、奥のデカブツ君達。



近い、近くて良くわからん…



やっぱり、これぐらい離れてみないといかんのかな?



一応動画でも。


ええっと…
世界最大の竜脚類だって。



名前は、サウロポセイドン…
へ~、さっきのブラキオサウルスと別のやつだったんだ~
私が子供の頃は、ブラキオサウルスが最大だったんですけど、どんどん新しい化石が発掘されてますからね~





で、そのポセイドンの正面付近にも、なんか恐竜がたくさん集まった丘がありますよ。



ええっと…
ここが恐竜の谷だったの?
まあ、ともかく順番に見ていきましょう。






















ああ、この辺りは、まだ増設中のようですね。



どれぐらい作れば気が済むんでしょう…














ああ…
手ブレや…
最後の恐竜の写真なのに~
ということで、ようやく恐竜エリアは終了です。
でも…
まだ終わりじゃないぞよ。
もうちっとだけ続くんじゃ。



ポセイドンの先の方、なんか金色のお堂がありますよ。
まあ、せっかくですし、ぐるっと周りながら戻るとしますか。
ああ、一応周回用のトローリーバスとかあるんですけど、それに乗ると好きなものが見られないので、徒歩っすよ。



ええっと…
Royal Pavillionだって。



それにしても…


何、この山を埋め尽くすような動物の像の数々は!



とりあえず、入り口。
ここまで来て、階段登らないといけないのね…
はぁ。



もう少し…



内部に侵入完了。
まあ、開放的で、且、装飾も結構凝っていますが…
所詮お寺でも、本物の王室関係でもないからか、タイ人もあまり近づいてきませんよ。



なんかすごい景色ですね~
庭園の先に、謎の金ぴか仏塔エリアがあるってこと?
まあ、順番に見ていくとしましょう。



ちなみに正面の眺めはこんな感じ。



では、ぐるっと周りながら進むとしましょう。









ん?
Plams of the World…
世界のヤシってこと?
ああ、そういえば、ここ、トロピカルガーデンでしたね。
忘れていましたよ。



でも、私の興味は、これらの変わった建物の方で、ヤシはどうでも良いんですけど。



ええっと、バリとかそっち関係の建築物とか?
詳しくないので良くわかりません。





で、道の反対側は…
え?STONEHENGE、ストーンヘンジ?
タイ読みだと、ストーンヘーンかな?
まあ、あの先に金の建物もありますし、周りを見ながら向こうに行ってみましょう。
ああ、あの金の建物は、さっきのパンダマウンテンとは別物ですよ~




ということで、この先がストーンヘンジなのかな?




う~ん、ストーンヘンジっぽいんだけど、写真だとそれが伝わらないよ…



とりあえず、中央の石碑。



切り取り画像ですけど、ここを作った目的かな?
普通すぎて面白くないや。
もう少し斜め上な理由を期待していたんですけどね~



動画なら…動画ならきっと…雰囲気伝わりますかね?


さて、あの金のお堂を目指して先に進みましょう。




カタツムリ!
キモいっ!



おっ、クマの後ろから、上に行けそうな感じですね。



なんか土台部分の模様がかっこいい!




で、金のお堂…
お堂って言うほどでかくなかったね。
鐘楼と東屋?



思ったよりも、しょぼかった…


ここからの、恐竜の谷の眺め。
恐竜デカいね~
そして、金の仏塔群もなんだか良くわからないけど凄い!



これ、もしかして1つ1つ形が違う?
つまり、タイの有名な仏塔のミニチュアを並べているとか…かな?
面倒くさいんで、検証はしませんが。
ともかく、先に進みましょうかね。



通路の右側…
何故に電話ボックス。



う~ん、やっぱサウロポセイドンはデカいですね~
圧倒的じゃないですか。



仏塔の1つ。
こんな形の仏塔あったけ?
有名なやつで。



あっ、また動物コンクリ像の群れのコーナーが始まっちゃいました?



ダウンヒルになってるんだ。



って、これ、さっきの昆虫ワサワサエリア?



さっきよりも間近な分、余計に怖い…
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



ふ~ようやく抜けたかな…



また出た~っ!
この距離感は、昆虫嫌いには致命的に厳しそう…
通れないよね、きっと。



エリマキトカゲゾーンに入ったかな?



だって、エリマキウォールもあるし。



アルパカ街道。



ようやく、例の高級外車館のところに戻ってきました。
もう少しで入り口ですね。



ああっ!象来た!
こんな感じで園内を歩くんですね~
結構邪魔な気が…





あっ、ここのエリア、実は空中歩道を移動しているときから気になっていたんですが…



マンモスだ~!



で、はじめ人間はどこ?



デカっ!



小っさ!


ああ…Windows画面が表示されてるよ~
ということで、スタート地点に戻って来たようです。



象乗り場。
象さんと一緒に写真を撮るブースかな?
いらんけど、子供には受けそう…



ふ~っ、ようやく出口に戻ってきましたよ。
そして、出口には、お約束の…



お土産屋さん!
やっぱり恐竜グッズ店なんですね。



でも…



どこかで売ってそうな、市販品ばっかでつまらんよ。



もっとさぁ、恐竜の化石とか、そういうの売ってたら、ちょっと買ってみたいのに…
残念。



Apr./'19
★★★★☆:その地方(北、南、東北、中央)に行ったらぜひ!お勧めです。
これは、期待していた以上に素晴らしいです!
恐竜に興味がある人は、必ず行くべき!
そしてそれ以外のコンクリ像も楽しいですし、空中回廊を散歩するのも良いですし…
え?トロピカルは…どうでも良いかな?
まあ、そういうのが好きな人でも楽しめますし、なんせ親子連れでもみんなで楽しめそうな感じが良いですね。
欠点は、入場料の高さと、中国人を含む、客の多さでしょうかね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 12°45'51.0" N
100°55'59.4" E


0 件のコメント: