祝!1900スポット!
何もないけど。

ムーン川を見守るように立っているナーガが魅力の、ワットパーパークドームで、1900スポット目になります。
正確には記事数なんですけどね。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

12.9.19

Ko Mak(Mak Island) / Trat

2019年のソンクラーン休み、去年のクード島に引き続き、トラート沖の島に行くべく、レームゴップ埠頭までやってきました。
(まあ、実はいろいろとトラブルもあったんですが、それは割愛)
ちなみに今回も、カオサンにあるブーンシリフェリーのジョイントチケットを利用しました!



まあ、さすがにこの辺りの海にきれいさを求めちゃダメなんでしょうね…



ちなみに、これからマーク島(เกาะหมาก)に向かうのですが、ここの埠頭はマーク島への拠点になっているのか、いろいろな会社の、マーク島行きの便の案内看板が設置されています。




…読めん。


陸地側…
ここの埠頭、そんなに大きくないんですよね。
フェリーとかはここには来ないのかな?



対岸に見えるのはチャーン島ですね。



え?
この小さいボートで行くの?
さすが、マイナーな島なだけありますね。



乗客は、斜め前のおばちゃんと、正面から来るおじいちゃんの3人のみ。
おじいちゃんは、観光客じゃないようです。



では、出発です。
さらば!本土よ!



さすがに沖まで来ると、だいぶ海の色が変わりますね。



そして、1時間程度で、マーク島が見えてきましたよ。



…まあ、港だから、こんなものなのかな?


上陸~
ボートの乗客がいないからか、ちっともお出迎え…
客引きとかいないんですね。



ああ、なんとか1台だけソンテオありましたよ。



料金は明朗会計?



では、リゾートに向けて、出発~!



あれが、さっきボートが接舷した埠頭です。



って、あああ~っ!
なんかいるよ。
今度見に来てみましょう。



ということで、リゾートに到着です。
今回は、Makathanee Resortというところを利用しました。
予約等は、直接交渉(メールだけど)ですよ。



私にとっては、結構高かっただけあって、ここ久しく利用していないぐらい、豪華なリゾートのようです。


プールも結構きれい。



そして、リゾートの前は、ビーチが広がっています。



まあ、時間も夕方ですし、ちょっと見た目が寂しいですが…



部屋はこんな感じ。
なんか変な形しているのは、ぶっちゃけ一番安い部屋だからです(多分)。



フォレストビューwww



とりあえず、無事の到着に、乾杯!



今日の夜は、部屋から一番近いであろう、近所のレストランで。



とりまビール。
旨い~!



飯はこいつと…


グリーンカレー。



翌日は、マーク島内を散策することに。
もちろん、明日以降の予定を立てる為の情報収集も兼ねていますよ。
ここは、リゾートから、800mほどの、島の北側の桟橋です。
高そうなリゾートですね~
退散っす。



そして、マーク島随一の珍スポ?ソムチャイさんの愛の庭園!
※詳細内容は、リンク先を参照ください。



こちらは、カーム島に向かう玄関口となる、コマークリゾート脇の桟橋。



う~ん、なかなかきれいですね~



サテライトビューでも、この沖がサンゴ礁になってそうでしたし、いっちょチャレンジしてみますか!



と、ここからは、水中用カメラの画像になりますので、縦横比などが変わりますよ~



あの沖の島が、カーム島ですね。
あれも、今度行って見ましょう。


結構遠浅なのかな?



なんか、サンゴっぽいものが見えてきましたね。
エントリーしてみますか。



どぼ~ん!
ちょい濁り気味かな?
まあ、遠浅なんで、海水が淀んでいるんでしょうか。



あ、イボウミウシの仲間かな?
タイでは良く見る奴ですが。



しかし…
基本的に、遠浅の砂地が広がっていて、その一部にちょっとしたサンゴ礁があるって感じなので、魚影もそんなに濃くないのかな?




魚の種類もそんなに多くなさそうですし…




これぐらい深くなると、少しは魚も増えてくるみたいですが、透明度がそれほどでもないので、良く見えないよ…



ケヤリだよ~
まあ、これも腐るほどいるんですけど。



う~ん…



基本、こんな感じに、お魚さんいないんですよね~



だから、魚以外のものを見て周るしか…


例えば、メタリックカラーのシャコガイとか!



こういうの、日本の熱帯魚屋さんだと、結構高く売ってるんだろうな~



グリーンもきれいなんだけど、写真だと、実際の美しさが表しきれんよ。



う~ん、普通の魚じゃん。



まあ、そろそろあきらめて戻りますか。



ということで、次に来たのは、島に到着してすぐに見た、謎のコンクリ像オブジェ!
※詳細内容は、リンク先を参照ください。


あ、道標発見。
Startってことは、ここがマーク島の中心ってこと?



ん?
ラヤンノーク島へ行くボートかな?
1日1人350バーツ…
タイ語表記だから、外国人も同じだよね。
明日、ここ行ってみますか。
でも、電話でコンタクトするしかないのか…
頑張ります!



ということで、リゾートに戻ってきました。
さすがに、昼見るときれいですね~
でも、ここのビーチも、サテライトビューで見る限り、かなり遠浅っぽいんですけどね。



あ、ここからも本土に向かうボートが出るのね。
っていうか、レームゴップ埠頭の看板にもありましたね、この看板。



桟橋から、沖を眺めてみました。
あの、奥の方の島が、ラヤンノーク島みたいです。
ちなみに手前は、ラヤンナイ島だそうです。
と、海めっちゃきれいに見えるんですが…





振り返るとこんな感じ…
浅瀬だから仕方ないんですけどね。



ビーチも昨日の夕方の風景に比べると、だいぶ南国してます?






でも、シュノーケリングするには、あの礁の向こう側まで行かないと行けなさそうですが…
遠いですな~



これはリゾートのレストランの2階。
使っていないのかな?



ということで、今日はあきらめて、リゾートのレストランで、海を見ながらダラダラ。
あ~ビールが旨い!



おつまみ。
まあ、こういうのは、日本のやつの方がずっとうまいね。



そして、プールにドボンして、体の海水を落として、今日の散策は終了っと。



サンセットだよ~



今日の夜は、昨日と違う店に行ってみましょうかね。



まあ、ここにしますか。



あ~っ、ビールはどこで飲んでも旨いですな~
(当たり前)


飯は、空芯菜炒めに…



ミートスパゲッティー。
まあ、あまり期待してませんでしたが、やっぱり甘い!



3日目は、昨日決めたとおり、リゾートの沖にある、ラヤンノーク島!
※詳細内容は、リンク先を参照ください。


ということで、ラヤンノーク島から帰ってきましたよ。



まあ、後することと言えば、海を見て…



ビールを飲みつつ、ダラダラですよね!
つ~か、このマーク島も、基本田舎なので、コンビニもなにもないよ~



おつまみは、パッタイです。


あ…
本土からやって来た人達かな?
客層は、ファランが大半、タイ人がボチボチ…
中華系とか、アジア人はほとんどいなさそうですね。
それと…



忘れてましたが、今日はソンクランでしたか…
もう、夜まで外出するの、止めようっと。



ということで、眠りこけてしまい、結構遅くなってしまいましたが、とりあえず晩飯は、こちらのお店で頂くことに。



とりまビール!



…メニューが少ない…



ということで、定番のガパオライスでも頂いて、終わるとしましょうかね。



4日目は…
マーク島の北にある、カーム島に行ってきました!
※詳細内容は、リンク先を参照ください。



で、晩飯は…



ここにしますか。
って、ここ3日間のレストラン、みんな固まって近くにあるんですよね。
まあ、食べに行くのラクですし、ありがたいことです。



とりあえず、ビール。
ぷは~っ!
旨い!



飯は、揚げワンタンと…



鶏の生姜炒め…だったかな?



5日目は、やっぱりきれいな海を楽しみたいということで、ラン島シュノーケリングツアーに参加してきましたよ。
※詳細内容は、リンク先を参照ください。



で、今日の晩飯はどこにしようかな~



ということで、昨日と同じ店へ!
いや、探すの面倒くさかったってのもありますが、ここが一番安くて味がましだったからです。



あ~旨いよね~ビール。



食べたのは、イカのガーリック炒め。
これは、微妙だったよ。



それと、豆腐のレッドカレーだったかな?
これも、味は普通だったかな?



ということで、最終日。
朝からチェックアウトし、リゾートに頼んでおいたピックアップトラックで、港に向かいます。
…たしかタダたっだと思います。



さらば、リゾートよ!



しかし、こうやって改めて見ると、田舎ですよね~
GoogleMapで見ても、まとまった集落とかないもんね。



桟橋に到着~


あ、今日はこのボートに乗るの?
来る時より大きいじゃん。



ってか、客が多いのね。



満席だよ…
狭い!



ということで、出港~



さらば!マーク島よ~



Apr./'19
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
シュノーケリングに関しては、この島ではそこまで楽しめませんが…
静かで何もない島なんですが、リゾートなどがボチボチあるからか、売店、薬局、食堂などが、ぼちぼちあるんですよね。
なので、それなりに便利なのに、辺境の静かなリゾート島感を味わうのにもってこいです。
極東アジアの騒がしい人たちも、ほとんど見ませんでしたしね。
最初にも書きましたように、ジョイントチケットを使って、そのまま来れるようになりましたし…
極東アジアの騒がしい人たちがあふれる前に、早めに来ておいた方が良いかもしれませんね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 11°49'31.7" N
102°28'09.6" E
 ※シュノーケリングしたあたりの場所です



0 件のコメント: