Pino Latte Resort & Cafe / Phetchabunで、1994スポット目になりました。
あと6か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

23.9.19

Wat Tham Mang Kon Thong / Kanchanaburi

男らしい大仏の次は、こちらのお寺に寄ることにしましょうかね。
名前は、ワットタムマンコントーン(วัดถ้ำมังกรทอง)というようです。



結構広い境内ですね~
さすが田舎、土地余ってますね~
ってほど田舎でもなく、川を渡ると、もうカンチャナブリ市街地中心なんですけどね。



とりあえず本堂らしきもの。



ゲートでは、ガネーシャ様と、ドラゴンが睨みを利かせています。
ああ、もちろん閉まってましたよ~



そして、この壁の模様がなんかちょっと不思議な感じ。



こんなのが、ぐるっと1周してるんですね。
意外に凝ったつくりですよ。



他にも、境内にはいろいろな像が点在しているようですよ。
それらを見回りながら、奥に向かうとしましょうかね。


あそこは…



観音様に…



これは、ブラフマー神かな?



こちらのお堂の破風の部分に、デカいレリーフがありますね。



釈迦出奔のシーン?



おっ、なんか古そうな建物がありますよ。
ええっと、History Museumだって。




思いっきり鍵かかってんじゃん。
まあ、格子扉なんで、中を覗けそうですね。




廃墟じゃん。
しかも、かなり荒廃していますね。


ようやく奥の院?の入り口に到着~
どうも、この上に、お寺の名前にもなっている洞窟があるみたいです。



階段を守るヤック君。



そして…



ピンボケだけど、これ、ドラゴンヘッド?
布が巻かれ過ぎて、良く見えませんが、なんで頭だけなんでしょうね。



それでは…
本当は嫌なんですが、頑張って登るとしましょうか。
長いな~



ああ、両脇のナーガさん達です。



一応左右で色が違うんですね。



階段の周りに、多数の仏塔?が立っていますが、あれ、お墓だよね、きっと。



ぜぇぜぇ…
長いな~



あ、ドラゴンフットだ…アームの方かな?


ぜぇぜぇはぁはぁ…
あと少し…



到着~
って、いきなり正面に変なのが現れるし。



なんでしょうね、仏塔の飾りの一部?



でも、口の下の黄色の部分、スリットになってますね。
中が空洞になっているのかな?



と思ったら、すぐ横が洞窟の入り口だったよ…



では、さっそく中に入ってみましょう。


あ、いきなりタイ人達の集まる部屋がありますよ。



ええっと、金龍洞だって。
なんでタイ語で書かないんだろう…
中は…



ああ、お説法と言うか祈祷所みたいなものなのかな?
私には縁のないところのようです。



あっ、変なのの腕があった!



まだ、洞窟は奥に続いているようですし、行ってみましょう。



フワッ!
リアルスギルヨ…



で、こいつらが最奥に待ち構えているやつら…



と思いきや、まだこの裏に洞窟が続くってことかな?



ええっと…



出た~っ!?
って、お化けかと思ったよ。



って、あれ?
行き止まり?



こっちのルートは…



あ、鍾乳石っぽいのあった。




え?これ、先に行けるの?
匍匐前進しないと通れないじゃん。



…無理っす。



あとは、この頂上部分をさくっと見て周るとしましょうかね。



空飛ぶ猿…



う~ん、基本的に、中華に偏ったお寺なのかな?


観音様に、ドラゴンもそっち系だしね。



って、なんでいきなりヒンドゥー?



シヴァ神に…



ガネーシャ神…



と来たからには、こちらのお方は、パールヴァティー女神ってこと?
なんか、ちょっと違う…



階段の反対側は、あまり参拝客と関係ないエリアみたいですね。



階段上からの眺め。
まあ、次行きましょう、次に。



Mar./'19
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
コンクリ像は、ボチボチあって、なかなか楽しいのですが…
まあ、洞窟は普通ですし、本堂も普通ですし、あまり取り立ててお勧めできるものがありません。
しいて言えば、階段上正面の変なのと、猿、そして、本堂周りの塀のレリーフぐらいですかね?

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°59'05.0" N
 99°31'01.7" E



0 件のコメント: