アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編、とうとう始まってしまいました。
全61か所…だったかな?のほとんどは微妙な遺跡という、コテコテな内容になっています。
少しだけ普通のお寺もありますけどね。
初日編は、全部で34か所周ります。
ほとんどは…というか、1か所以外は、大なり小なり全部遺跡絡みだよ。

アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編の次は、バンコクパワースポットめぐり編、西部プチ旅行編と続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

12.9.19

Phiphitthaphan Sathan Haeng Chat U Thong (U Thong National Museum) / Suphanburi

3月下旬。
もう、タイでは真夏と言ってもいい、くそ暑い時期い、スパンブリのウートン郡までやってきました。
ウートンと言えば、ワットプラシサンペットチャヤラムが有名?ですが…
今日の目的は、こっちの、ウートーン国立博物館(พิพิธภัณฑสถานแห่งชาติอู่ทอง)の方なんですよ。



いや、実はこの辺りに遺跡群があると聞いて、まずはそれらを周る前の予習として、ちょっとのぞいて行こうかと思いまして…



ええっと、展示館は左っと…
あとで、トラディッショナルハウスもちら見してみましょうね。



ああ、ヨニが無造作に…



それぞれ、結構でかい!




これは…
尖塔部分とかかな?



で、それらの正面のこれが展示館のようです。



結構ご立派じゃない?
さすが国立。


では、さっそく行ってみましょうか。



え?
こっち来いって?
ここ、お土産屋じゃないの?
…ああ、金払えって。
タイ人はタダくさいですが、ワークパーミット見せようが何しようが譲ってもらえなかった…
多分100バーツ程度、強制徴収されました!
どこかの国の言い回しのマネ↑



ということで、ちゃんと金も払ったんで、堂々と行ってみましょう!



最初はパネルがメインな様で…
そして、『”ドヴァーラヴァティー”がタイの歴史の始まりの時期だと信じられている理由』…
なんとも穏やかではない見出しですね。
一般的には、最初のタイ族の国家はスコータイ王朝で、ドヴァーラヴァティーは、モン族の国家連合みたいな感じじゃありませんでしたっけ?




まあ、そんなこと私が解説しても意味がないので、各自解読願います。
(面倒くさいだけ)



基本的にパネル等、解説は控えめにしますので、頑張って読んでくださいね。



まあ、そりゃ、インドの影響受けてますわな。
モン族って、インド方面から来た民族のようですし。



おっ、この近辺の遺跡の話とか出てくるかな?



真ん中に、立体地図がある、大きな部屋に入ってきましたよ。


遺跡の写真?



ドヴァーラヴァティー文化の町?
ウートーンに、ハリプンチャイ…ランプンかな?に、ナコンパトム…
そして、クーブア(คูบัว)は…ああ、ラチャブリの遺跡群のことですね。
また行かねば!
シーマホーソット(ศรีมโหสถ)は…こっちは、プラチンブリの遺跡群
ここも、また行きたいんですよね~
はぁはぁ…まあ、今日のところはこれぐらいにしてやるか。



なんでウートーンは、ドヴァーラヴァティーの町になったの?
知らんがな。



興味のある方は、見ておいてください。



ああ…
学生さん達の社会見学かな?
でも、英語でしゃべってるよ。



町の設計思想とかかな?





そして、中央のデカい立体地図。
これは現在の様子みたいですね。



そうそう、これを見に来たんですよ。
これで、遺跡の場所を確認、この後周るって寸法です。
とりあえず…
この写真の遺跡は、今は市場になってて存在しなかったよ…多分。


この、旗の倒れているのは、ボーラーンサターン(チェディー)マーイレーク2ですね。


こちらの中央のは、左から、ボーラーンサターンマーイレーク3バーンシーサンペットボーラーンサターンマーイレーク13というようです。


こちらは、ワットプラシサンペットチャヤラム内にある遺跡。
ボーラーンサターンチェディーマーイレーク9と、ボーラーンサターンチェディーボンヨートカオプラです。



こちらは、左の2つが、ボーラーンサターン(チェディー)マーイレーク10
1つの遺跡内に、メイン仏塔と、10.1仏塔を擁した遺跡ですね。
そして、右がボーラーンサターンチェディーマーイレーク11です。
右上の、旗の倒れているところは…それっぽい遺跡は発見できませんでした。


これは…
どうも山頂に存在するようですが、山登りしたくなくて行かなかったよ…


ここにある3つの遺跡は、どれも現地をうろついたけど、存在を確認できませんでした。
個人宅の中だったり、別の建物だったり…





っと、歴史背景の解説はここまでの様です。



ここからは、具体的な発掘品等の展示なのかな。





これは、発掘現場の再現ジオラマかな?



当時の様子と…



ん?
表にもヨニがありましたが、やっぱり途中からヒンドゥーの影響を受けていたようですね。










次は上へって…
暇そうな学芸員のあんちゃんが誘導してくれたよ。



上は…



ウートーンの、ドヴァーラヴァティー時代以外の話かな?
先住民時代っぽい絵が出てきましたし。




このおっさ…いや、こちらのお方は、タイの歴史の父と呼ばれている、ダムロン王太子殿下であらせられますか!
もちろん、今まで存じ上げませんでした。





解説もここまでのようなので、先に進みましょう。



このオブジェは、先住民の時代をイメージしているのかな?



ええっと…
この絵、ムアンカンチャナブリの、タードゥアン山洞窟(ถ้ำเขาตาด้วง)ってところにあるの?
どこだろう…
GoogleMapだと出てこないや。



こっちはウタイタニのプラーラー山(เขาปลาร้า)。
こっちは山の場所はわかるけど、壁画の正確な場所は良くわからない…


あ、謎ジオラマ。
当時の生活風景かな?



矢じりに…



Cotton Spindle Whorls…糸を紡ぐための道具かな?



でも、やってる作業は違うようですし…



これ、銅器を鋳造している様子とか?



青銅品も展示されてるしね。



これは…



Ling-Ling-Oと呼ばれる、東南アジア一帯で普及したペンダント?
確かにWikiにもあるわ…



まあ、ふ~んとしか言えませんが。




ええっと、これらのピットは、カンチャナブリのバーンカオ(บ้านเก่า)…
ここもまだ行けてないんだよな~
それと、スパンブリのノーンラーチャワット(หนองราชวัตร)…
ここも、遠いな~



ん?
ちょっと様子が変わってきました?



なんでウートーンの集落が重要な海運の港になったかって?



ウートーンの町の近く、細い川しかないと思うんだけどど…
あれを遡上してきたの?
大きい船、ちょっと厳しそうなんですけど。



なかなか大がかりな模型ですね。



交易品。



交易商ってことかな?



ええっと、とにかくいろんなものを売ってたみたいです。





おっ、向こうにも何かあるのかな?



左右に部屋がありますが…
まずは右から!



へ~ここは、本当に発掘品の展示をメインにした部屋みたいですね。
もう、説明は十分にしただろうってことかな。



リンガ!



これは…



ああ、封筒の封緘付ける道具みたいですね。





この辺の発掘品も、大半はドヴァーラヴァティー時代のものなんですね。





こ、この四角いものは…
まさか!



やっぱサイコロなんだ。
こっちの方は、陸続きだからか、早い時期から、いろいろな周りの文化が流入してきていたんですね。



これは…
どこかのゲームの敵とかに出てきた気もしますが…



まあ、コインですね。





これは、農耕道具とかかな?



って、棺桶っすか…
なじみのない角が生えていて、分からんかったよ。









これは、また見事なヨニで…
リンガはちっさいですな。



そんな微妙なところにシヴァ神のお顔が…





かわいい!
窓の装飾かな?






こういう、躍動感のある絵ってあまりなかったよね。










こっ、このブースは!



皆さん大好き、金装飾品エリアだよ~






…1つぐらいくれないかな?


お次は、通路を挟んで反対側のお部屋…






なんか、素朴と言うかなんというか…






この辺、もうクメールの影響受けてる?
いや、顔がそれっぽくないですか。











これは…



指輪を鋳造するための型?






これ、顔だよね。



ああ、そうでもないのもあるんだ。



ええっと、ドヴァーラヴァティーの置物…
だって。



置物っちゃ、置物かもしれませんね。



こっちは、アレかな?



プラクルアン!



型かな?













で、最奥、中央にデーンと座っているお方。




これ、本物なのかな?



法輪だよ~



英語でも、Wheel of the Lawって言うんですね。




柱…
まあ、こんなもんかな。



この博物館、最初にも出てきましたが、外にもチラホラ発掘品の展示がされているんですね。



ああ…
トラディッショナルハウスのこと、忘れてましたね。
でも、あんな程度です。
当然の復元物。
では…遺跡めぐりに、レッツゴー!



Mar./'19
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
う~ん、ドヴァーラヴァティー時代の仏像その他の遺物や情報がてんこ盛り。
こんなど田舎の博物館で、この内容は素晴らしい…というか、もったいない。
さすがに、後半仏像だらけでちょっと食傷気味でしたが。
とはいえ、ウートーンはこの辺りの中心都市なので、バス等でも来れますし、博物館は町の中心にありますし、ちょいとタイになれた方なら、比較的簡単に来れるのも魅力かと。
タイの歴史好きの方は、押さえておきたいところです。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°22'23.2" N
 99°53'29.2" E



0 件のコメント: