Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編、始まりました。
予定通り、再訪ばかり…
再訪10か所+新規2か所を予定していますので、お楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

13.9.19

Boran Sathan (Chedi) Mai Lek 13 / Suphanburi

先ほどのバーンシーサンペットの分岐まで戻って…っと。


お次は、右手200m先の遺跡に行ってみましょう。


ええっと…
あった、あった。


名前は、ボーラーンサターンマーイレーク13(โบราณสถาน(เจดีย์)หมายเลข ๑๓)…
まあ、さっきの青い看板にも書いてあったけど、第13遺跡(仏塔)ですね。



とりあえず、入って来た方向、約南東側からの眺め。



これは、南西側…って、なんでこちら側に来たかというと…



説明図があるからです!
しかし…
この状態で、なんで当時はこのように仏像がずらっと並んでいたってわかるんでしょうね。
想像力豊かな方々が多いようです。



そして…
円形なので、どちらから見たか良くわからなくなりましたが、とりあえずぐるっと回って、舐めまわすように見ていきましょう。




と、まあこんな感じですね。



ちなみに、ウートーン国立博物館の模型でいうと、一番右側の旗のところになります。


Mar./'19
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
なんか、規模が小さくなってきたような気もしますが…
まあ、そういうことは気にしない気にしない。
今回の目的は、分かる範囲ですべての遺跡を網羅することなんですから!
ということで、しょぼくても良いんですよ、わたくし的には。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°22'27.0" N
 99°53'05.0" E



0 件のコメント: