Pino Latte Resort & Cafe / Phetchabunで、1994スポット目になりました。
あと6か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

11.2.20

Wat Pho / Ubon Ratchathani

ウボンラチャタニ北部の中心都市、ケームマラートの街の中心にやってきました。
今夜はこの街で宿を取ろうと思うのですが…
その前に、もう少しだけお寺を周りましょう。
お寺の名前はワットポー(วัดโพธิ์)…
ド定番ですな。
とりあえず、すぐ脇にある大仏でも眺めますか。



午後なんで、逆光がキツイ…



まあ、そんなに大きくないんだけどね~



脇にひっそりと立っていた人。



…本堂はさすがに開いてないようですね。



ええっと…


ぬっこや!



あ、目があってもうた…
でも、飼いぬっこみたいでおとなしいね。



気を取り直して、こちらの8角堂をのぞいてみましょう。




もうちょっと参拝者の気を引くギミックとか用意してほしいものです。



お隣のお堂も入ることが出来そうですね。



では、お邪魔します~



まあ、いわゆる定番な内装ですね。
壁画もばっちりですし。


とりあえずご本尊様。



そして、周りの絵。
いかにもな仏陀の生涯ですが、この特徴的な劇画タッチの絵が、ちょっとしたアクセントになっています。



プラメートラニー様も、ご覧のとおり。



胸を露わにしていても、エロスを感じさせないこの技量が素晴らしい(ほめ言葉)。
と…
ここからが本番です。



実はこのお寺にも、河の側にナーガ君がいるんですよ。
ああ、あれ、あれ。



と、その前に、メコン河の悠久の流れを…



で、河側からナーガ君を見るとこんな感じになります。


大きさは、まあそこまで大きくないですね。
そして、造形も、普段見るのとはちょっと違うような…


気のせい?


で、そのナーガ君の胴体は、ずっと後ろに続いていて…


あっちの木の方に続いています。


そして、良くみると、色が少し違う胴体もありますね。
それがここで交差して…


緑い方の尻尾はここで終わりっと…


で、青い方は、そのまま木に巻き付きながら…


あんぎゃ~!



かなり強引な作りですが、さすがにつっかえ棒なしには、自立できなかったようです。



あ、青の尻尾の先の方にも、ぬっこいたよ。



ナーガ君に囲まれたエリアには、一応お廟があるんですけど…
まあ、いいですよね。



あとは、こんなもんかな?



Aug./'19
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
見どころは、ナーガ君と大仏様ですかね。
でも、大仏様は、ぶっちゃけ小さいですし、括目するようなところもないですし、正直微妙です。
ナーガ君は…
まあ、こっちもそれほど強烈なものではありませんが、天然木に無理やり巻きつける強引さは、正直買っても良いかなと思います。
ああ、お堂の中の劇画タッチ壁画は…
まあ、どうでも良いかな?

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 16°02'36.3" N
105°13'23.2" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: