Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編、始まりました。
予定通り、再訪ばかり…
再訪10か所+新規2か所を予定していますので、お楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

20.2.20

Wat King Kaeo / Samut Prakarn

今日は会社の車を使って、バンコク東部のお寺をぐるっとタンブーンして周りましょう。
ということでやって来たのは…
いきなりバンコクじゃないのですが、スワンナプーム空港の西側にある、ワットギンゲーオ(วัดกิ่งแก้ว)というお寺。
しかし、門をくぐっても、道ばかりですな~



あ、ここから入れそうですね。
とりあえず、順番に攻めていきましょう。



とりあえず塀のナーガ。
少し白ぼけているのは、ぶっちゃけ結露です。
車冷やし過ぎだって!



ラップ君…



ぬっこ!
めっちゃガン見されてるし。



で、トゥーン君。
彼も、ぬっこが気になる様子。
それで…



そうそう、とりあえずやつを見たいんですよ。
めっちゃ背中側だけど。



一応、足元のタンブーン場。
まだ朝早いからかな?
人集まってきていないね。



ということで、正面に周りこみました。



ざっと15m強と言ったところでしょうか。



一応下からも見上げてみました。



さてっと、それではさらに奥に行ってみるとしましょう。



って、いっのしし!
え?
ただの豚?
デカすぎなんだよ~



ええっと…


いつものシーンですな。



ってか、ぬっこ!
いっぬはちっともいないのに…



こっちは、お堂がいくつかまとまって建ってますね~



手前から…



破風はこんな感じ。



ってか、結構凝ってない?



地獄はないけど。



でも、開いてないのね…



お次はお隣のお堂に行ってみましょう。



破風のデザイン。
こっちも結構凝ってますな~
ちとくすんじゃっているんで、地味に見えるけど。



そして…
開いてないし~



奥の本堂も、当然のように閉まってますね~
はぁ…



気を取り直して、他を見て周りましょう。



…これでは萌えられん…





こちらは…



サンガッジャーイさんだよ。
服のイボイボっぽい模様が気持ち悪い…



この奥には何があるのかな~



って、巨神兵!
まあ、祭りで使う、ピーか何かの人形でしょうかね。







こっちにもいた!





ようやく最奥部まで来たようですね。



さすがに運河は越えられませんよ。
しないけど。



では、後残ったエリアをつぶしこんでいくとしましょう。



何ですかね、あれ。



多分超有名な高僧のあの人です。
さすがに皆さんもわかりますよね?ね?



テープタンチャイさんもオリジナルなんだ。
素晴らしい!



この辺は…



なんの構造物なのか、さっぱり…



そして、美しく作ろうなんて気、全くないだろう!








あ、ピースアサムット(ผีเสื้อสมุทร)さんだ!



で、仏塔っと…



どうでも良いよね?
まあ、次行きましょう。



Aug./'19
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
ということで、大仏以外は、お堂のレリーフぐらいしか、見るところないんですよ。
いやね~実は、ここに地獄絵があるらしいんですけどね~
(情報源は、毎度のLekさんブログです)
きっとあの3つのお堂のどれかの中だと思うんですけど…
ちゃんと開けておいてほしいな~

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°40'32.1" N
100°43'12.2" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: