アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編、とうとう始まってしまいました。
全61か所…だったかな?のほとんどは微妙な遺跡という、コテコテな内容になっています。
少しだけ普通のお寺もありますけどね。
初日編は、全部で34か所周ります。
ほとんどは…というか、1か所以外は、大なり小なり全部遺跡絡みだよ。

アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編の次は、バンコクパワースポットめぐり編、西部プチ旅行編と続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

4.2.20

Wat Thap Pho Thong / Ratchaburi

関羽像寺から、10kmほど北上、ラチャブリ県にやってきました。
ああ、あれあれ。
ここに、白くてかっこいいお堂があるらしいんですよ!
ああ、お寺の名前は、ワットタップポートーン(วัดทัพโพธิ์ทอง)と言います。



橋を守るガーディアン。



結構頑張ってません?



ナーガ君ヘッド。


当然のように、喰われてますよ。



う~ん、このうねりと、虹色の装飾、なかなか美しいです。



が、アップで見ると、雑なんですけどね。



ということで、池を渡って、中島に乗り込んできましたよ。
もちろん本命は、あのお堂なんですけど…



周りに、同様に装飾された像が点在しているので、まずはそちらを観察しましょう。



ああ、ボケボケや…







それでは、改めまして、白のお堂攻略とまいりましょう。



階段脇のナーガ君に…




破風の装飾もなかなか頑張ってますね~



こちらはお堂に上がる階段のナーガ君。



お堂の入り口はこんな感じ。



入り口を守るガーディアン。



…目が怖い…



しかしここ、同様の技法を駆使している、ワットアルンや、ワットパリワートエラワン博物館なんかに比べてスカスカですな~
だからこそ、遠めだと、白さが目立つんですけどね。



で、内部ですが…
めっちゃ壁画一杯で、派手派手ですな~


とりあえず、須弥壇を…



ご本尊様は普通かな?
そして、周りの絵なんですけど…



象さん岩!



そして、わくわくの木だよ。



と、まあ、ご本尊様の後ろの壁の絵はこんなんでしたが、周りの絵は…



まあ、仏陀の生涯とかそんな感じですかね。



仏陀が天界から戻ってくるシーン。
ってことは…



地獄や!
これだけだけど。


そして、入り口上部は、定番の、プラメートラニー様無双シーン。



なんか、ちょろちょろとしか水出てないけど、これで洪水おこせるの?



さてっと…



ああ、なんという姿に…



あれ?
階段の脇に、怪しげな入り口があるよ。



中はどうなってるのかな~
わくわく、わくわく。



…何もないじゃん。
つまらん。



では、せっかくなので、軽く1周周ってみますか。


しかし、サイドの装飾とか、ワットパリワートバリにがんばってますね~
面白さはないけど。



窓の扉のレリーフもなかなか…



背面に来ました。



ナーガ君に…



破風のレリーフ。



そして、背面の壁の…
誰かな?
某お隣の国の方が発狂しそうな背景ですね。



裏にも、この謎入口あったけど…
まあ、中身は一緒なので、省略省略~



…なんか不思議な形の木ですね~




ということで、正面側に戻ってきました。



階段ナーガ君の後ろ姿…


後は…
こっちのサーラーには、何かないかな~



ええっと…



偉い人たちの写真ばっかですな。



奥には、ガラスで隔離された小部屋がありますね。



ええっと…
この仏像、そんなに大切なものなの?
それとも、手前の小さなやつ…仏舎利とかかな?



最後に、白いお堂を遠くから眺めつつ、次に行くとしましょう。



Aug./'19
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
見どころは白いお堂とその仲間たちですね。
外回りもですが、中の壁画もなかなかです。
とはいえ、類似のカッチョイイお寺…
露骨に云うと、ワットロンクンとかと比べちゃうと、2段も3段も格下ですけどね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°39'46.3" N
100°02'05.4" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: