Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

28.2.20

Wat Som / Ayutthaya

ワットウボーソットから運河を挟んで北東方向に250mほどのところにある遺跡にやってきました。
ええっと、ワットソム(วัดส้ม)っていうんですね。
重要じゃない遺跡の名前って、結構適当くない?
でも、西側からじゃあれなんで…



とりあえず、正面、東側に周りこんできました。
ここも、基本的には、お堂+仏塔の黄金パターンのようですが…



周りに小さな仏塔?の跡が並んでいるようです。



礼拝堂の上はこんな感じ。
柱とかは、いかにも積み直しって感じ。



須弥壇の上の仏陀は、無残な姿をさらしています。



で、メインの仏塔。
プラーンタイプですね。



でも、なかなか装飾残ってません?
さすがにオリジナルだと思いますが。




でも、この階段登れんよね…



まあ、どうせ中身なさそうだから、良いけどね。



北東側から。
やっぱ斜めからの方が、カッコ良く見える?



あ、説明書きあった。
え?北面にリンテル…まぐさ石がある?
バイヨン様式に似てる?



ええっと…
言うほどリンテルしてないよね。



窓の中の立像もきれいさっぱり撤去されています。
まあ、仏陀の息吹を感じることが出来れば、微かにシルエットが…



別の角度から。



ここも、なんとなく立像の面影が残っていますね。




あ、仏塔の説明書きあったよ。
解読は皆様にお任せします。



Aug./'19
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
見どころは、仏塔のレリーフですよね。
以外にきれいに残っているので、下手なレンガだけの遺跡よりは見ごたえがあるかも。
とはいえ、所詮12m程度の小さな仏塔。
よっぽど遺跡好きじゃないと、厳しいかな。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°20'43.4" N
100°33'24.9" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: