Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

24.2.20

Wat Suwannaphum Phuttha Chayanti / Samut Prakarn

さっきのルアンポートゥアットさん寺から北に2kmほどのところにある、だだっ広い場所に来ました。



ちなみに今立っているのは、こんな水路にかかった橋の上っす。
で、何があるのかというと…



こんなブッダガヤ風の塔ですよ。
まあ、数m程度しかないんですけどね。



でも、このサイズの割には、結構頑張ってるんじゃないですかね~



なんてね。
こんなのは、ただの前座なんですよ。



本命はあの奥のデカブツですからね!



とりあえず、ポールの先端。
航空障害灯いる高さじゃないと思うけど…


あ、説明書きあったよ。
ぼろぼろで読めんけど。



では、改めまして、奥目指してレッツゴー!



う~ん、遠いの~
そして、手前に邪魔者が立ちはだかってますね。
あれを乗り越えないと、奥の仏塔にたどり着けない構造になっているようです。



とりあえず、手前の建物に到着~



ええっと、ワットスワンナプームプッタチャヤンティー(วัดสุวรรณภูมิพุทธชยันตี)…
お寺なんだ、これ。



内部…
まあ、仮設の講堂とか礼拝堂とか、そんな感じ?



天井は青空が広がっています。
外は曇りだけど。



奥の須弥壇部分。
背景のブッダガヤはもちろん写真です。


なかなか貴重なものなのかな?
造形も良いですし。



須弥壇側から見た、入り口方向。
周りにポツポツタンブーンできるところが配されているようです。
まあ、ダイジェストで適当に。



とりあえず、入り口の仏像。
キレイだけど、量産タイプだよね、きっと。



後ろの写真の涅槃仏、ぱっと思い浮かびませんが、なかなか歴史を感じますね。



そして、その手前のこれが、レプリカってことかな?
確かに台座の装飾とかもそれっぽく作ってあるし。



須弥壇の裏には、もう少しタンブーンスペースがあって、その先に、ようやく大仏塔が現れます。



プラメートラニー様。
なかなかキレイだけど、既製品かな?



ということで、ようやくご対面~
といっても、まだ駐車場スペースだけど。



ちょい角度をつけて。
さすがにデカいですね~
本物とそん色ない…ということはなさそうですが、タイではかなりデカい方ではないでしょうか。
比べたことないけど。



尖塔部は、まだ作りかけなんですね。



でも、なかなかかっこいいですな~



さすが、最初のレプリカとは違いますね。
まあ、これもレプリカなんですが。


入り口。



なんか装飾が可愛い!



では、内部に侵入するとしましょう。



内部はこんな感じです。



とりあえず、左右でお待ちかねのプラネートラニー様。




お坊さん達もリアルですな~





そして、あれがご本尊様のようです。
ここでも本家ブッダガヤ押しのようですね。



ご本尊様。
もしかして、これもブッダガヤかどこかの仏像を模して造られたのかな?



ご本尊様からの、入り口方向のながめ。
ってかさ~



壁から柱から、みんな写真をプリントアウトして垂らしてるだけじゃん。
もちろんこれ、仮設なんだよね?
今後ちゃんとレリーフ彫りあげるんだよね?



こんな感じなので、ちょっと裏に周るとこんな有様です。
ああ、彼はご本尊様ですよ。


…なんか覗き見しているみたい。



ということで、外に出てきましたよ。
正面は、さっきのタンブーン場ですな。



そして、斜めからの仏塔をもう一度眺めて、撤収しますか。



ああ、周りのお堀?、ポツポツと睡蓮の花が咲いてますね。



やっぱもっと強力な望遠がないと厳しいですな~



Aug./'19
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
見どころは、ブッダガヤを模した大仏塔ですね。
本当にこれのみっす。
しかも作りかけ…
でも、かなりデカいし、なんか忠実に作ろうとしている努力は…
ちょっと感じられるし、もう少し温かく見守ってやってもいいかな~

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°41'08.9" N
100°47'14.6" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: