Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編、始まりました。
予定通り、再訪ばかり…
再訪10か所+新規2か所を予定していますので、お楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

5.2.20

Wat Huai Jorakhe / Nakhon Pathom

立体地獄レリーフ寺から、ナコンパトム市街に戻ってきました。
いえね~あの有名な、プラパトゥムチェディのすぐ近くの、こちらのお寺、ワットフアイジョラケー(วัดห้วยจระเข้)に用事があったんで…



あっ、さっそくお目当てのブツがありましたよ。



じゃーん。
そうです、この謎の生物ピッター(ปิดตา)さんを見に来たんですよ。



アップ。



一応目を閉じているというシチュエーションらしいんですけど…



首ないし、もう謎生物ですよね。
腕も4本あるし。


ああ、一応土台部のプララーフー様にもご挨拶を…



ちょっとリアルタイプ寄りかな?



あ、身代わり…
じゃないのかな?
金箔貼られてないし。



さてっと…
あとは何かないかな~





これは礼拝堂かな?



まあ、西側から入って来たので、当然裏側ですな。



一応破風のレリーフ。


一応入り口側に周りこんできましたが…



閉まってるんだよね~



その礼拝堂の北にも、小さいお堂がありますが…



これもダメですな。
ところで…



周りに、なかなかデカいプラーンがたくさん並んでいますよ。



おっ、なかなかキレイな中華風レリーフ。



でも、このプラーン、ぶっちゃけお墓だよね。
中華系の人なのかな?



しかし…
このエリア、本当に多数のカラフルなプラーンが、林立してますよ。





インスタ映え…
なんて言えませんよね。
お墓だし。



しかし、プラーンのデカさの割に、その間隔が狭いので、なかなか良い構図で写真撮れないですよ…
もっと広角のレンズがないと厳しいかな?




心霊写真になってないよね?



あとは…
あの中華風の建物をのぞいてみますか。



入り口…



まあ、頑張っている…のかな?



中は…
つまらんの~


こちらはどうかな~



ええっと…



クレクレ骸骨君だ!



奥は…



金箔3兄弟。
手前だけお坊さんなんですね。
誰か分からんけど。



その前には、仏足石もありますよ。



で、これが最奥の人。



金箔は結構貼られていますが…
まあ、普通ですな。


脇に並んだお坊さん達も金箔まみれ…
このお寺、結構人気あるのかな?
現在は、境内に2組ぐらいしかタイ人参拝客いなさそうですけど。



コブラ様発見!



まあ、そろそろ帰るとしますか…



あ、破風にレリーフあった!
でもこれだけ…
残念。



Aug./'19
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
ピッターさんと、カラフルプラーン群が見どころのお寺です。
とは言っても、お墓なので、あまり大騒ぎとかすると、例のワットパクナムの緑仏塔みたいに、SNSでたたかれちゃいそうですけど。
あとは、まあおまけですね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°49'17.7" N
100°04'23.7" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: