Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

25.2.20

Wat Khwan Sa At / Chachoengsao

蛇博物館からさらに東に移動、チャチェンサオ県に入ってきました。
といっても、まだバンコクと…サムットプラカンの県境の近くなんですけどね。
ということで、やって来たのは、ワットクワンサアット(วัดขวัญสะอาด)というお寺です。



とりあえず、入り口近くにあったやつら。
ぶっちゃけ、興味なしっす…



まあ、あるとしたら、こいつらぐらいかな?



さて、気を取り直して…
目的の1つは、あの奥に見えるお堂なんですよ。
とにかくあれを目指して、進むとしましょう。




講堂かな?


何もないし、人いるし…



奥の人達も、まあ普通ですな。



はぁ…
ようやく到着ですよ。
そう、このクメール風お堂を見たかったんですね。



でも、テーマはばっちり仏教ですけど。
って、下の人魚も仏教関係あるのかな?



一応クメールっぽいナーガ階段もあるよ。
でも、こっち西側ですから、とりあえず正面、東側に向かいましょう。



サイドビュー。



そして、お堂の下側に窓があるよ~



…何もないじゃん。



ということで、正面側に周りこんできました。


破風はやっぱり…
でも、下側は水の中を表しているのかな?
魚っぽいのいるし。



ナーガスロープ。
裏手と違って、仏教風のやつですね。



では、いざ本堂内部へ…
って、開いてないじゃん。
だから参拝客皆無なんだよ~
まあ、いいや。



本堂正面のあれも、目的の1つですからね。




思っていたよりもしょぼいな~



写真の構図に騙されたっぽいですね。



正面から。
普通に立って、こんな感じなので、大きさもお察しです。



一応中央のお方。




まあ、こんなもんですか。



最後に、本堂を正面から眺めて、次行きましょう。



Aug./'19
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
見どころは、クメール風本堂と、仏陀須弥山…
のはずだったんですけど、本堂には入れず、須弥山も写真マジックに騙されと、さんざんでしたよ。
まあ、クメール風本堂は、外観が見れたので、目的の大半は達成できてるんですけど、ちっとも参拝客を呼び込む努力しないんだもの…

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°42'00.1" N
100°52'33.1" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: