チェンライ再訪編6か所始まりました。
まあこれも、昔の話なのですがね。
そのあとは、ラマ3編、チャチェンサオ編と続く予定をしています。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

9.7.18

Boran Sathan Prang Ban Prang / Nakhon Ratchasima

いっきにナコンラチャシマ―県北部ののバーンプラーンという町までやってきました。
目の前に広がるこの長方形の池…
やっぱりバライなのかな?



で、どうもこちらのお寺の境内?にあるっぽいんですが…
ちなみにお寺の名前は、ワットバーンプラーン(วัดบ้านปรางค์)、まんまですね。



本堂…
まあ、こんなのどうでもいいですし、犬に警戒されているようですし、さっさと先に行きましょう。



こんな微妙なところを通って…
ああ、ちなみに左の白い建物は警察署です。



それっぽいものが見えてきましたね。
あの柵の中みたいです。



って…
ローンリアンバーンプラーン(โรงเรียนบ้านปรางค์)??
学校っぽいけど、ここ入って良いのかな?
あ、ちなみに今遺跡の北西部です。



で、ここで北東側。
サテライトビューで見ていただくと分かりますが、東と西以外はお堀で囲まれた構造をしているので、こんな感じに池越しの眺めを楽しめます。
風が無ければね~



しかし、さすがに学校と言うだけあって広い運動場があるのですが、その端に縁石替わり?に遺跡の残骸と思われる石が並べられています。



こっちはこんなにたくさん…
修復に使わないのかな?



ということで、ようやく東側…
遺跡正面側にやってきました。
こうやってみると、結構しっかり整備されている…
ではなく、されていたかな?
草ボーボーですし。



でも、ちゃんと説明書きもあるし、まあそれなりにまともな遺跡なんでしょう。
名前は、ボラーンサターンプラーンバーンプラーン(โบราณสถานปรางค์บ้านปรางค์)らしいです。
そう書いてあるし。
GoogleMapとかの表記とは違いますが、もちろん実際の看板表記を正としておきます。




説明書きがどうしても読みたくて仕方がない人のために、拡大画像も載せておきます。
ご堪能下さい。



で、これが遺跡全景…
まあ、見ての通り中央の祠堂とその土台が残るのみで、周りの塀とかは皆無です。
さっきの縁石替わりの石が塀とかだったやつかな?



祠堂部分はこんな感じです。
まあ、土台も含めて結構新しい石が多そうに見えますね。



祠堂に寄ってみました。
入口部とかのアーチ、なかなかかっこいいんですが…
ほとんど新しく作ってますね。



祠堂の入り口。
古い石は下の方のやつだけかな?
内部は真っ暗…
つまり天井は埋まっているってことかな。
まあ、これだけ修復されていれば、不思議ではないですけど。



ということで内部…
こんな感じでした&さすがに天井少し開いてましたね。
奥の部屋、ちょい明るいです。



それでは、他に見どころなさそうなので、祠堂をぐるっと一周してみますか。
ちなこれは南東方向からです。



南西側。



ほぼ西側。



北西側。



北側…



で、北東側です。
おしまい。
他に何もないですしね~



Jul./'17
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
まあ、祠堂だけはそれなりに形にしていますが、彫刻等全く残っていないですし、そもそも残骸いっぱいあるのに使って修復する気ないですしtン
一瞬見るだけなら、それなりなんですが、交通の便もあまりよくないですし、クメール好き以外はまあ無理に来なくていいかあん?
ってレベルですね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 15°29'30.86" N
102°05'55.06" E



0 件のコメント: