あ…知らん間に1950スポットになってたよ。

アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編、2日目始まりました。
計26か所の予定をしています。
1日目と同様、ほとんどは遺跡だよ。

アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編の次は、バンコクパワースポットめぐり編、西部プチ旅行編と続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

8.7.19

Phiphitthaphan Rua Luang Lanta / Krabi

さてっと…
まだまだ全然時間に余裕がありますし、もう一か所、行ってみたいと思っていたところに行ってみましょう。
体力的には、だいぶ余裕はなくなってきているんですけどね。
ということで、やってきたのは、ターティアップルアドーイサーン(ท่าเทียบเรือโดยสาร)…
って、ただ単に旅客用の港って意味だっけ。


その脇を通り、ずんずんと海の方に進んでいきましょう。



ああ、あれがその港ですか。
でも、結構干上がっているけど、あまり大きな船、つけられないのでは?



こっちもこんな有様…
なんて話、どうでも良いですよね!



私の興味もこっちのやつなんで!
ここの名前、良くわからないのですが、とりあえずGoogleMapに合わせて、ピピッタパーンルアルアンランター(พิพิธภัณฑ์เรือหลวงลันตา)…
ランター王室船博物館?
ランターと言う王室海軍軍艦の博物館みたいな感じなのかな?



正面は、ぱっくりと開いていて、軍用車両とか?の乗り入れが可能になっています。
今は思いっきりシャッター閉まってますが。



艦橋はあの辺かな?



ああ、やっぱり”ลันตา(ランター)”って書いてありますね。
でも、入り口ないね。
中に入れないのかな。



まあいいや。
次、次。
あっちにもいろいろありますね~



こちらのお方は…



海軍大将で、タイ海軍の父と称されている、チュンポン王子こと、クロムルアンチュムポンケートウドムサック(กรมหลวงชุมพรเขตอุดมศักดิ์)さん。
ここや、ここなどでも出てくる超有名人したね。


この位置からの、ランター号。



で、逆の奥の方には…
これ、コルセアかな?



車輪が出ているのに、わざわざ浮かせて展示してあるんですね。
離陸か着陸をイメージしているのかな?



銘鈑発見。
ええっと、Ling-Temco-Vought…
これ、これ作ったメーカーだっけ?
もうないけど。



ここからの、チュンポン王子の方向の眺め。



垂直尾翼のThai Royal Navyの文字が誇らしい…ニカ?





と、これで1周。



もう一度、コルセアと、チュンポン王子と、軍艦ランターとの集合写真。
ちょっと軍艦はみ出ちゃってますが。



しかし…
ひどい干潟ですね~
赤土なのかな?



それで…


ぐるっと周って、さらに奥の方にやってきましたよ。



なんか、スワンチャルムプラキアンうにゅうにゅ…
って書いてあるから、何かの公園なのかな?
全部読む気サラサラありませんが。



まあ、お目当てはあれだけですからね。



正面側に周りこんできましたよ。



あんぎゃ~



คาภาบูชาพญาภูชงค์นาคราช…
なんだか良くわかりませんが、とりあえずパヤナークさんのようです。




さすがに温泉じゃないよね?
(触りませんでしたが)



で、本体のパヤナークさん。


うぎゃ~



うろこはこんな感じ。
後付タイル貼り付けじゃなくて、型押しで模様を付けたのかな?



後ろ姿…
って、あれ?



尻尾の先が、地面の中に消えて行ってるよ…



ということで、入り口まで戻ってきました…
あああ~っ!



こんなところに尻尾の先があるじゃん!
来た時には気づきませんでしたよ。



さらに先に伸びていて…




これが尻尾の先。
胴体から、直線距離で250mぐらい離れてるよ…
世界最長のナーガかな?
知らんけど。



Jan./'19
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
軍艦ランナー号に、コルセア、そしてナーガ君と、こういうのに興味がある人にはまあまあ楽しめます。
クラビタウンから比較的近いのも利点といえば利点かな。
でも…
まあ、これだけのために来るのは、よほど興味がある人じゃないと…
ここの港を使う人は、ちょっと寄り道してあげてください。
え?チュンポン王子は…
まあタイ海軍の歴史が好きな人は見に来てやってください。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
  8°02'49.0" N
 98°54'27.3" E



0 件のコメント: