Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編、始まりました。
予定通り、再訪ばかり…
再訪10か所+新規2か所を予定していますので、お楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

9.7.19

Wat Phok Ruam / Singburi

ナコンサワンに向かって、どんどん北上しますよ~
ブラフマー廟から12kmほど、国道32号線を進んだところに、次の目的のお寺があります。
まあ、見ての通り、そんなに人気のありそうなお寺でも、有名なお寺でもないんですけど…



名前は、ワットポークルワム(วัดโพกรวม)っていうみたいですね。



目的のものは、あれっす!
あの立像を見に来たんですよ。



階段の模様。



そして、欄干も…
こだわりがあるのかな?



と言うことで、正面にやってきました。



う~ん、15m前後ってところかな?



足元には、このお方のお名前も…
私にとっては、何でも仏陀なので、興味のある方だけ読んでください。



足元のミニチュア君。


そして、本体のアップ。
ぶっちゃけ、この周りを囲っている箱、何の意味があるんでしょうね。
どうせほぼ雨ざらしだし…
もしかして、これがないと自立できない?



サイドから。



反対側から…
後ろからの写真がないのは、ただ単に白い壁があるだけだからです。



あ、ラーフーさん。



それで…
あちらの本堂とかも見たいんですけど…



あそこにも…



こちらでも、お犬様たちが睨みを利かせていて、オイタが出来ない状況なんですよ。
ということで、這う這うの体で逃げ帰ってきましたよ…とほほ。



Jan./'19
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
とにかく、この立像だけです。
それ以外には何もありません(多分)。
あ、あるとしたら、お犬様軍団ぐらい…
まあ、唯一の利点は、タイの大動脈、32号線沿いにあるということぐらいかな。
どこか北方面に向かう際に、気が向いたらのぞいてあげる…
それぐらいのスポットです。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°57'00.7" N
100°22'49.0" E



0 件のコメント: