実際に行った時期と、記事のUP時期に、2年近く差がついてしまっているので、12月は挽回強化月間?ということで、極力たくさんUPしていく予定です。

今回の地獄絵寺で、チャチェンサオ編終わりです。
その次は、9か所ほど、バンコク&隣の県を周って、今年のUPは終了となります。
で、年始は…地獄寺を1つ挟んで、そのあとアユヤタロッブリ編に突入する予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

1.12.07

Ko Maha Mongkhon / Kanchanaburi

カンチャナブリの市街から、サンクラブリに向かう途中(ナムトックよりは手前ですがアルヒル桟橋よりは向こう)にこのマハーモンコン島(เกาะมหามงคล)はあります。
実は以前泰緬鉄道に乗ったときに、車窓より偶然に見つけて無性に行きたくなったところです。
日本語のサイトどころか、英語のサイトでも見つけられず、結局タイ語サイトで無理やり見つけ、場所を調べなくてはなりませんでした。
お寺に向かおうとすると、お寺のボランティアの人に呼び止められます。
どうも、白装束に着替えないと入れないようです。
衣装を変え、つり橋を渡るともうそこは境内のようです。



橋の下は…ひぇ~



とはいえ、山も全部お寺?の土地のようでかなり広大な面積のようです。
で、その山の上には、らぴゅたみたいな白い立派な建物が見えてきます。
とにかく山のふもとまで歩かないと何も始まりません。



敷地はとにかく広い!
さすがにまわりに山とジャングルしかないところなだけに、土地だけは余っているようです。
写真に写っている白いのは、タイ人の信者の方々です。



ようやく山の入り口のようです。
目の前には延々と続くと思われる階段が立ちはだかります。
ともかく、道がここしかない以上ここを登るしかありません。



中腹から下を眺めてみます。
どうも正面の山より手前に線路が走っていて、その手前はほぼこのお寺の敷地のようです…



しかし、いくら歩いても山頂につきません。



景色はいいんですけど…
本当に何もないですね~
ちっとも山頂に着かないし。



かれこれ30分!も延々と登りようやく山頂に到着。
山頂の建物は予想よりかなりでかいです。
これがふもとであんなに小さく見えたってことは、ここは相当高いところにあるってことでしょう…



おかげさまで精も根も尽き果て、中に入ることなく引き返したのでありました…合掌。
とうぜん帰りも同じ距離を…
負け犬の行進です。



May/'07
評価
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
いや~なんでこんなにマイナーなのか分からないほどすごそうなんですがね。
なんでこんなに知名度ないんでしょう…汽車からも見えるのにね。
なんせここはいいですよ…健康に。
それに普段経験できない体験も味わえ1石2鳥。
近くにはアルヒル桟橋を含め他の有名観光ポイントもありますし、十分候補に入れられます。
あとはあなたの体力次第。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
わかりません…少なくともナムトックよりは東で、アルヒル桟橋よりは西の川沿いです。


View 変スポ in a larger map

0 件のコメント: