アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編、とうとう始まってしまいました。
全61か所…だったかな?のほとんどは微妙な遺跡という、コテコテな内容になっています。
少しだけ普通のお寺もありますけどね。
初日編は、全部で34か所周ります。
ほとんどは…というか、1か所以外は、大なり小なり全部遺跡絡みだよ。

アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編の次は、バンコクパワースポットめぐり編、西部プチ旅行編と続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

12.12.07

Wat Bangkung / Samut Songkhram

再訪

サムットソンクラームの名刹、ワットバンクンにやってきました。
最近結構名前も売れてきたようですし、久しぶりに見てみたくなったんですよ。


まずは一番の見どころのこちらのお堂を見ないとね。


お堂の前には、身を清めるため?の線香エリアがあり、タイ人たちが我先にとお線香を立てていきます。
すごい人気ですね~
前来た時はこんなではなかった…
以前に、この線香エリアなかったよ。


で、その裏側に、この木の根うねうねお堂の入り口が隠れています。


元の建物の壁、ほとんど見えませんね~


上部はこんな感じ。
屋根の上に、木が完全に乗っちゃってるってことかな?


内部は…
前回訪問時にもまして、人がたくさんおまいりしています。


相変わらずタイ人の皆様方が、ご本尊様の全身に金箔を貼りまくっていますよ。


よく見ると、前回の時よりも金箔の層が厚くなって、ディティールがわからなくなってきている?
右手の指とか…
まあ、当たり前ですかね~毎日これですから。


前座のお坊さんたちもえらいことになっています。
窒息不可避ですよ。


お堂の壁には、かなり劣化していますが、古そうな仏画が描かれています。
で、その前を邪魔する細い柱は、おそらく補強用に作った天井を支えるためのものなんでしょう。
まあ、仕方ないですけどね。


さて、そのままぐるっと本堂を周ってみましょうか。


これは右側の窓から中をのぞいたところです。
かなり屈まないと、こういう風に仏像は見えません。
そして…登るなだって。
登らないよ!こんなところ。


裏は子宝系のタンブーン場になっているようです。
前もあったっけ?
忘れちゃった…


あ、この祠覚えているよ。
でも、中身の人形、別人になってません?
この筒状の建物は、前にあった屋根の跡っぽいものもあるから同じものだと思うのですが…


で、これが左斜め後ろからの眺め。
なぜかこっちだけ木の根がないんですね。
取り除いちゃった?


左側の窓からのぞいてみました。
ピンボケですが。
これもかなりかがんで写真を撮っていることは、上の写真のパネルの位置を見ていただければお分かりいただけるかと…


で、その本堂の北のエリアは、急にこんな感じに変わります。
まあ、タイらしいっちゃ、タイらしいですね。


その先には、まあ先回も写真載せているのでお分かりかと思いますが、ムエタイファイター千人組手の様子がコンクリ像で再現されています。
って、前の記事で冗談のつもりで書いたんですが、これ本当だったんですね。
タイ国政府観光庁のAmazing Thailandに書いてありましたよ。


前あった、コンクリートの土台なくなっちゃいました?
土かぶせただけかな?


こっちでも組手中。
一番奥の人は、前回裸だった人だよね?
なんか、ひげがなくなって若返っていますが。


う~ん…


でも、あまりにまじめでまともに作りすぎですよ。
もう少し突っ込みどころを残しておいてほしいものです。


Dec./'13

以下過去の記事


ここ、ワットバンクン(วัดบางกุ้ง)は、サムットソンクラムで一番??有名だと思われるお寺です。
(だってUnseen Thailandにも載っていたから)
何が有名って…これですよ、これ(下の写真)
まあ、この写真だと分かりにくいですが、この木の根元にお堂がある…というか、お堂を木の根が覆ってしまった…そんな感じの場所です。



お堂の横からみるとこんな感じ。
一応建物があることが分かります。



さすがにサムットソンクラムで一番?のスポットらしく、タイ人もいっぱいお参りに来ています。
(そのわりにはすごく変な場所?にあって、タイ人ドライバーも迷っていました)



お堂の中は…まあ、いたって普通(かな?)。
階段で仏陀の後ろに回って金箔が貼れる、という親切設計のようです。



先と反対の、お堂の横には…お約束?の撮影スポットが…しかも実際に使用中!



これなに?お堂の裏にありました。



お堂の横少し離れたところには…
謎の戦う男像がずらり。
実はここ、昔からタイ随一のムエタイ道場で、今のチャンピオンもここ出身…な~んてことはないと思いますが…



なぜ裸で闘う!?
って実は服の色塗っていないだけ。



道の反対もここの敷地らしく、こっちは(多分)メークロン河でタンブーンができるようになっている模様。
大砲もあるでよ。(でも穴がないただの飾り)



大砲の向いた先は、のどかな風景でした。
(タンブーンも出来ますけど)



Feb./'07
評価
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
寸評
まあ、お堂はUnseen Thailandのイメージを持っていた私にはちょっとしょぼく見えましたが、まあ面白いのでは?
それより横の謎のコンクリ像が魅力的。
ちょっと数か少ないのが難点ですけどね。
まあ、サムットソンクラムにはあんまりスポットないんで自動的に★3つ…まあ、お任せしますが。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
13° 26'45.29" N
99°56'30.93" E
※2~300mぐらい誤差あるかも…

2 件のコメント:

朝太郎 さんのコメント...

こちらに失礼♪
カンチャナブリでの知人が、実家(サムットソンクラム)に用事で行くので、我らは同行し、一泊し昨夜は空港へ送ってもらいました。

お寺は、ここを含め5か所ほど周りました。
写真で紹介してあるとおり素晴らしいお寺でした。

今まで35号線を通過したのみでしたが、それなりの素晴らしいスポットがたくさんありますね。

マレーンポー さんのコメント...

朝太郎様
おはようございます。
そうですね~
寺の雰囲気もいいですし、まわりの感じも日本では味わえない独特なもので、いいですよね~
河沿いにもちょこちょこお食事どころもありますし、河下り?ボートツアーもあるみたいですし、まだまだ手付かずのところがたくさんありますね。