次からは、バンコク近郊のスポットを周ります。
ちょっとした地獄なども出てきますのでお楽しみに。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

13.12.07

Wat Saen Suk / Chonburi

ここワットセンスック(วัดแสนสุข)はタイでも有数の地獄寺です。
(バンコクから近い事もあり、多くのHPでも紹介されているんで知っている人も多いでしょう…マニアなら)
バンセーンの海岸からほんの少しだけ中に入ると、そこは別世界。
入り口にはいきなりこんなのがお出迎え。



なんちゃって~(に見えるのは私だけ?)




マヌケ面ですね~



虎仙人のルーシーも一味違うぞ!



来ました!
タイ語のガイドブックでも使われているこの構図…というかここで一番でかいコンクリ像。
なんかのピー(お化け)らしいですが、地獄寺ではもうおなじみですね?



足元では人間のごった煮作ってますよ~



その周りは○○人間コーナーのようですね。
これはミソキーマウスですね。



こっちは忍者タートルでしょう、きっと。



タイガーマスクに違いありません。




エッソかなにかですかね?



ここまでくると、当初の目的のものに見えてきません。
明らかにエイリアンです。



今日の夕ご飯は豚人間のステーキよん♪



殺せ殺せ~殺っちまえ!



…説明不能です…


あ~あ…やる気ね~な~
ってかちゃんと地獄鍋作れって!!



目が逝っちゃってます…


ここまでくると、何の地獄なんだかさっぱり…



…うわぁ…
見てるほうが痛そうです。



万力地獄ですが、あまり痛そうな表情していませんね。



物乞い君来た~
この、グラデーションのかかった、すごい塗装で目立っていませんが、よく見るとコンクリ像自体もしっかりと作りこまれています。



SM地獄…
ですよね?きっと。



ということで、地獄は終了して、普通のエリアに戻って来ました。
ここは簡単なタンブーン場のようですが…
ぱっと見普通ですが…手首から先ないです。



やる気ね~~って感じですか?



あっ、シャチホコだギャ~



Dec./'07
評価
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
寸評
勿論すごいです!地獄マニアにとっては。
でも、他の地獄寺と比べるとちょっと小規模ですね、残念。
ちなみに私、ここは既に4回来ています。
ちょっと変わった?お客さんを連れて行くのに便利な立地なんですね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
13° 17'49.47" N
100°54'47.56" E


View 変スポ in a larger map

2 件のコメント:

Cougue さんのコメント...

ワットセンスックは規模が小さいながら派手な地獄風景と珍オブジェが目白押しでかなり面白かったです。
個人的にガッカリスポットだったワットパインロンウアよりか遥かに珍寺指数が高いと思います。

日本のガイドブックには一切記載されていないので日本人は見かけませんでしたが、白人の団体客はかなり見かけました。
もしかしたらロンプラなどに紹介されているのでしょうか?

マレーンポー さんのコメント...

Cougue様
私としても、地獄デビューがここだったんで、もちろん思い入れは強いです。
ワットパイロンウアは珍じゃないエリアが多いのが敗因かもしれませんね。
私の持っていたロンプラ(2004年ごろ)には載っていませんでした。
というか、ロンプラは全般的に、この手の珍系のオブジェ等には、常に否定的なコメントが載っていたので、よっぽど紹介されないのではないでしょうか…
タイ語のチョンブリガイドには、表紙に写真入で載ってましたけどね。