Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

18.12.18

Boran Sathan Mai Lek 16 (Ancient Monument No.16) / Chiang Rai

ということで、ようやくチェンセーン市街に到着しましたよ。
ちょうど1年ぶりぐらいかな。
その城壁内の、ちょうど南西方向にも、ポツンと遺跡があるんですね~



ここが遺跡入り口のようです。



ええっと、名前はボラーンサターンマーイレーク16(街中)(โบราณสถานหมายเลข๑๖(ในเมือง))だそうです。
まあ、城壁内にある16番目の遺跡とかそんな感じなのかな?
細かいことは、各自自由に看板の内容を解読ください。



とりあえず、看板側の、こちらから見てみましょう。
これ、上から見ると十字の形しているみたいなんですよね~
さっきの看板の説明からすると、モンドップくさいんです。



で、上部の中央に、四角い祭壇っぽいものがあるんですね。
というか、これしかないです。



反対側から見たところ。
奥に見えるのが、もう一つの大きな基部です。
多分ウィハーンでしょう。



で、この地面の奴が、ウォール…
壁?



で、こちらがウィハーンの方です。
今南側から見ているのに逆光気味なのは、タイのこの季節、この時間帯、陰が南側に伸びるからなんですよ。
私のせいではありません!



入り口?
さっきのモンドップよりは、結構形が残っているかな。



こちらが祭壇部。
もちろん昔はここに仏像が安置されていたんだと思うのですが…
あれ?
このウィハーン、北を向いていません?



ということで、北側の方から、先ほどの祭壇、そしてモンドップ方向を眺めてみました。
柱っぽい跡があるけど、きっと後付だよね。
床一面塗りたくってあるやつも。



タイ文字書いてあるけど、修復時の目印とかかな?



ということで、遺跡北側…
ウィハーンの入り口側?から、遺跡全景を改めて…
でも、ウィハーンの入り口ないよね?
構造がなんか良くわかりませんな。



ああ、一応他にもポツポツあるんですけど、あとは小物ばかりです。



これは…
壁が崩れた後とかかな?



さすがにこれはオリジナルだよね?
こんなのわざわざ新しく作る意味ないし。



おまけ。
チェンセーンの町入り口で待ち構えていた象さんたち。



で、ロータリー中央の謎オブジェ。
つ~か、道はご立派ですが、全然交通量少ないですね。
もったいないな~と思うのは日本人だから?
確かに、交通量が少なければ、道路も傷みにくいのでメンテナンスもかからない、とも言えますし?



ああ、謎オブジェのアップ。
マーライオンとかを意識しているのかな?
というか、なぜ象さん?
チェンセーンと象さん、何か関係あるのかな?
そして…キモいっす。



Apr./'18
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
チェンセーン市街の遺跡の中では、比較的まともな方な気がします。
規模もちょい大きめですし。
とは言っても、ほとんど基部しか残っていませんし、まあほかの遺跡と合わせて適当に周って…
たまたまエンカウントしてしまったら、のぞいてみるぐらいな感じでよさそうです。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 20°15'51.4" N
100°04'57.1" E



0 件のコメント: