Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

26.12.18

Boran Sathan Mailek 1

これでウィアンロー遺跡も終了…
と思いきや、もう一か所だけあるんですよね~
(もちろん把握している&侵入できる範囲でですが)



場所的には、ワットプラタートシーピンムアンのすぐお隣で、思いっきり住宅街の中だったりします。
そのせいか、規模は小さいですが、ガッツリと修復整備されているようです。



あ、看板あった、タイ語だけど。
ええっと、ボラーンサターンマイレーク1(クライワットシーピンムアン)(โบราณสถานหมายเลข1(ใกล้วัดสรีปิงเมือง))…
ただ単に、遺跡番号1番(ワットシーピンムアンの近く)って書いてあるだけ?
確かに、ワットプラタートシーピンムアンの地図にもそれしか書いてないけど…
これだけ整備するなら、名前ぐらい付けろよ~
それはそれとして、この絵が当時の想像図ってことかな。



う~ん、どうかな?
しっかし、めっちゃ修復されていますね。
オリジナルの部分、残っているのかな?



遺跡正面からの眺め。
う~ん…
この床は完全に修復済ですな。
綺麗なものです。



これも新しそう…
疑うとキリがありませんね。



最奥には、これも真新しい仏像が、きれいに修復された祭壇に鎮座しています。



う~ん…
GoogleMapのストリートビューの、2013年当時の画像だと、草ボーボーでほとんど見えない状態なので、修復前だったんでしょう。
そのころ行きたかったな~



Apr./'18
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
修復されていて、見栄えはいいですし、場所もメインの道路からすぐのところなので、ほかの遺跡よりはずっと条件良いんですが…
ちょっと修復しすぎですよ~

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 19°26'55.5" N
100°05'27.0" E



0 件のコメント: