Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編、始まりました。
予定通り、再訪ばかり…
再訪10か所+新規2か所を予定していますので、お楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

4.12.19

Prasat Prang Ku / Si Saket

さっきのお犬様の根城遺跡から、さらに西に15kmほどのところにやってきました。
ああ、ここを入ったところに、目的のものがあるらしいんですよ。
もちろん、クメール遺跡っす!



でも、この中央にある、デカいバライっぽいところじゃなくて、西側の、プラーサートプラーンクー(ปราสาทปรางค์กู่)の方なんですけどね。



到着~



ここ、遺跡の周りを、こんな感じにお堀が取り囲んでいるんですよね。
だから、一応お堀越しに写真撮ってみたんですけど…
もうちょいしゃがんだほうが良かったかな?



あ、変なのいた。



説明書きには、ちゃんと英語の説明があって、親切ですね。


では、さっそく遺跡の方を…
あの木、邪魔だなぁ…



ということで、木を避けて…
さすがに真正面とはいきませんでしたが。
まあ、ともかく、こんな感じに、祠堂が3つ並んだ構造をしています。
で、なぜか向かって右側の祠堂だけ、ラテライト製…
造られた時代が違うのかな?



こちらが中央祠堂…



で、その前に飾ってあるまぐさ石。
ナンディンに乗るシヴァ神らしいです。
でも、これオリジナルじゃなくて、レプリカだって。
まあ、言われてみれば、結構新しそうだし…



向かって左側祠堂。



そして、その前のレプリカまぐさ石。
これはわかりやすいですね。
ガルーダに乗るヴィシュヌ神でしょう、きっと。



で、向かって右側祠堂。
やっぱ全然雰囲気違いますね。


そして、レプリカまぐさ石。
テーマは、蛇に締め上げられるラーマ兄弟だそうで…
以上、こちらのHPの受け売りでした!
では、上に行ってみましょう。



…近っ!
一応、中央祠堂ですよ。



中は…
まあ、期待してませんでしたが、仏像すら置かれていないんですね。
この辺りの住民の信仰対象となりえなかったってことかな?



お次は、向かって左側祠堂。



あっ、入り口脇の装飾、これはオリジナルっぽいですね。
色合いや、摩耗度合いとかもそんな感じっぽいっす。



中は…
ゴミ捨て場かよ。
もうちょっと大切に扱おうよ~



で、向かって右側祠堂。


…なんでここだけこんなに奉られているの?
中央祠堂じゃダメなんですか?



では、今度は、3つの祠堂全体を、グルっと周って鑑賞しましょう。



…逆光や…
まあ、当たり前なんですけど。



真後ろ、西側からの眺め。
一応ニセ扉がありますが…
修復されたものかな?



向かって左側祠堂のアップ。
今は、向かって右側だけどね。



中央祠堂のアップ。



あっ、こんなところに模様が。
これ、本物?
だといいな~


そして、向かって左側にある、向かって右側祠堂のアップ…
北、南で表した方が良かったかな?
向かって左側祠堂が南側で、向かって右側祠堂が北側のやつです。



で、北西側からの眺め。



そして北東っと…
こんなもんですかね。



Jul./'19
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
北の祠堂だけラテライト製の、ちょっと変わった遺跡です。
でも…基本的にだいぶ修復されている感じなんですかね。
キレイに成否はされているんですが、今1つこころが踊らない…
キレイすぎなのかな?

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°51'09.5" N
103°59'03.5" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: