祝!1900スポット!
何もないけど。

ムーン川を見守るように立っているナーガが魅力の、ワットパーパークドームで、1900スポット目になります。
正確には記事数なんですけどね。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

3.12.19

Prasat Tham Jan(Prasat Ban Samo) / Si Saket

次にやって来たのは、先ほどのアユタヤ後期遺跡から、北西に14kmほどのところにある、小さな集落…
ああ、ここを入ったところに、目的のものがあるようですよ。
って、看板があるのでわかる人もいると思いますが、そうです、今度こそクメール遺跡なんですよ!



あった、あった。
ええっと、プラーサートタームジャーン(ปราสาททามจาน)だって。



中は…
なんか、めっちゃ鬱蒼としてない?
とりあえず、今南西側のようですし、まずは正面の東側に周りこみましょう。


東側から見た、遺跡…
うっ!
行く手をお犬様が塞いでいるよ~
仕方ありません、逆回りで、静かに正面に回りこむとしましょう。



ということで、真裏の西側から…
逆光がキツイよ~



北西側から~



道の脇にも、遺跡の残骸が集められていますよ。
もったいない…



あ、バライ発見!
ああ、遺跡の北東側ですよ。



一応、バライ越しに、遺跡を…
微妙かな?


遺跡の東門…
お犬様、今のところおとなしくしてますね。



東門の前に広がる、参道と言うか、テラス?



ということで、遺跡の真正面にたどり着きました!
そして…
説明書きあるじゃん。



ええっと…
プラーサートタームジャーン(プラーサートバーンサモー)(ปราสาททามจาน(ปราสาทบ้านสมอ))?
2つ名前あるの?1つは通名かな?
まあ、ここの辺り、サモー村って名前らしいしね。



それでは、そ~っと、そ~っと、中に入らせてもらうとしましょうかね…



し~ずかに…


大丈夫かな~?


ギャン!?
ワンワンワン!!
入り口入ってすぐの、窓の枠のところにお犬様が1匹寝ていて、鉢合わせしてしまったよ…orz



どうも複数のお犬様が、聖域内を根城にしているようで、中から大合唱が聞こえてきますよ。
う~ん、これは中に入るのは厳しいかな?



仕方がないので、塀の外から聖域内を眺めるとしましょうか。
ふんっ!悔しくないんだからねっ!
(´Д⊂グスン...



あそこの木の根っこ、思いっきり遺構を咥え混んじゃってるよ…



拡大。
あそこ、聖域の南東側ですし、経蔵かな?
もったいない…



で、祠堂前のテラスに…



そして、中央祠堂…
ふんっ、まぐさ石もレリーフもないんだし、中に入る必要ないんだからねっ!
(´;ω;`)グスングスン


で、これが東門を内側から…
外側から見てるんだけどね。



北西側からの祠堂の様子…
まあ、あんなに草ボーボーじゃあ、ひっつき虫いっぱいズボンにつきそうだし、入らなくて正解正解…
(つд⊂)シクシク



さっきの経蔵らしき建物を、西側から…
だいぶ逝っちゃってますね。



そして南西側からの祠堂…
ということで、振り出しに戻ってきました。
では…逃げろ~!



Jul./'19
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
ということで、這う這うの体で逃げ帰ってきましたとさ…
いや、結構ちゃんと整備されている遺跡なのに、なんで犬、野放しなのさ~
観光客、みんな同じように追い返されないのかな?
…もしかして、私だけ?
おかしいな~犬とか、普段全く触らないんだけどね~
ともかく、クメール遺跡としては、修復入ってますけど、まあぼちぼちの規模なので、それなりに楽しめます。
私は楽しめませんしたけどねっ!
(つд⊂)シクシク

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°49'09.0" N
104°06'35.6" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: