アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編、とうとう始まってしまいました。
全61か所…だったかな?のほとんどは微妙な遺跡という、コテコテな内容になっています。
少しだけ普通のお寺もありますけどね。
初日編は、全部で34か所周ります。
ほとんどは…というか、1か所以外は、大なり小なり全部遺跡絡みだよ。

アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編の次は、バンコクパワースポットめぐり編、西部プチ旅行編と続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

12.12.19

Prasat Muan Chai / Surin

堀の中の遺跡から、北西に11kmほど…
ガタガタのダート道を進んで、やって来たのはこちらの遺跡…



って、読めんじゃん!
先人の方々(こちらとかこちらとかこちら)のHPを見る限りは、昔は、茶色い良く見る看板で、しっかり説明が書かれていたみたいですが…
見事に色褪せちゃいましたね~
ということで、こちらの遺跡は、プラーサートムアンチャイ(ปราสาทเหมื่อนชัย)と言うようです。
勝利の国だって。
一応、ジャヤーヴァルマン7世の整備した、施療院の1つだそうです。



で、あの奥にあるのが、遺跡なんですが…
なんで、タイの遺跡って裏側から入る構造のところが多いんだろう…
偏見かな?



ということで、西側…
裏側から見たところ。
思いっきり真っ二つですね~
シヴァ神とかインドラ神とかに両断されたみたい。



ヨニ落ちてるし。



この真っ二つの祠堂の北には、ラテライトの基礎が残っています。
もしかして、ここにも昔は祠堂が建ってたのかな?


ああ…
ピンボケや。



一応、北側から見たところです。



まわりには、レンガの残骸を集めて、山積みにしていますね。
今のところは、これ以上修復する気がないのかな?



北東側から…



で、正面から。



脇には、ラテライトやヨニの残骸を並べてあります。
これはナンバリングしてあるので、修復に使う予定のもの?



祠堂の正面のテラス部分。
こっちの方が、バラバラじゃん…


で、祠堂正面視。
う~ん、見事に真っ二つですな。
まるで、万力みたい。
そして、倒壊防止のフレームが邪魔して、中に入れなさそうです。



仕方ないので…
北側の壁~



南側の壁~
って、建っている部分を愛でるしかありませんね。



もちろん、タイ人にとっても状況は同じなので、お供え物も、手に届く鉄枠に括り付けられるのみです。



う~ん、これがもともと入り口にあったフレームのパーツかな?



では、このままの流れで、裏側までぐるっと周りましょう。



南側から…


で、南西側から。



この辺りに、少しだけ、当時の名残っぽいものが残ってますね。
今にも恋われそうですけど。



で、祠堂の裏に来るときに通ったところ…
これ、もしかして塀か、北門の後なのかな?



あ、この辺りの散策マップ発見…
って、これ、めっちゃ広域じゃない?
この女の子みたいに歩いてまわれんよ…



Jul./'19
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
倒壊防止を含めて、一応修復済のようですね。
まあ、露骨に想像だけで、ガッツリ修復されるよりは、これぐらいの補強+αの方が、個人的にはうれしいです。
この遺跡自体は、まあ、クメール好きな方以外はどうなのかな~って感じですが、お隣にもう一つクメール遺跡があるので、そちらと合わせてくるならありかも。
私は順路の都合で、ルートが悪かったのですが、逆から入ってこれば、国道から比較的簡単に来れそうですし。
まあ、ダートは避けられませんが…
道の方を、修復と言うか整備してくれ~

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°36'37.3" N
103°39'23.4" E



※このブログ、泰国の変なスポットは、マレーンポーが作成、管理しています。
 一部の写真の転載、使用については、特に制限を設けません(連絡いただけると嬉しいです)。
 リンクも大歓迎です。
 しかし、ブログ内の記事や写真をまるっとコピーして、そのまま自分の記事として使用する”パクリ行為”は固くお断りいたします。

0 件のコメント: