アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編、とうとう始まってしまいました。
全61か所…だったかな?のほとんどは微妙な遺跡という、コテコテな内容になっています。
少しだけ普通のお寺もありますけどね。
初日編は、全部で34か所周ります。
ほとんどは…というか、1か所以外は、大なり小なり全部遺跡絡みだよ。

アユタヤマイナー遺跡舐めまわし編の次は、バンコクパワースポットめぐり編、西部プチ旅行編と続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

7.10.19

Tham Cham(Cham Cave) / Ratchaburi

これ、先ほどのジーン洞窟からの眺めなんですが、いや~、結構高いですな~
でも、なぜか階段は、さらに先があるんですよね…
右手のやつっす。



ぜぇぜぇはぁはぁ…
疲れたよ~
風もないし、暑いよ~
って、ああ、なんか鉄格子みたいなのが見えてきましたね。



洞窟発見!
ってことは、これが残りの1つ、タムチャーム(ถ้ำจาม)、チャーム洞窟なんでしょうかね。



ちなみに、ここからの景色。
あの穴には何もないのかな?



それで、洞窟の内部は…
あれ?レリーフどこ?



これ以上は、奥に行けなさそうですし…



って、ああ~っ!
入り口の鉄格子の周りに、漆喰レリーフがあったよ!
気づかんかった…



良く見たら、こっちにも…
でも、これらはラチャブリ国立博物館のパネルには載ってませんでしたね。


あ、あんなところにもあるよ。
ええっと…



ああ、これこれ。
たしか、これが『異なる姿勢の磨崖仏(Carved buddha images in different attitudes)』ですね。
でも、これ漆喰じゃない?
ラチャブリ国立博物館の表記もあてにならないのかな?



お隣のこれもまとめて1つのレリーフなんでしょうか。



でも、なんか間違い探ししている気分になってきました…
と、ここでお詫びです。
ラチャブリ国立博物館では、もう一つ、『チャーム洞窟最古の涅槃仏の彫刻(An oldest carving of Reclining buddha image at Cham Cave)』があることになっていたんですが…
思いっきり見逃してました!



ラッキーなことに、5枚目の写真に、こっそり写ってましたので、一応、切り取りの拡大写真を貼っておきます。



May/'19
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
ドヴァーラヴァティー時代の仏陀のレリーフが見れるってだけで、貴重なんだとは思いますが…
これを見るのにかかる労力を考えると…
やっぱり、みなさん、2の足を踏みますよね~
そのくせ、あるのはこの程度ですし、ドヴァーラヴァティーラブな方は、来てもいいかと思いますが、それ以外の人には縁がないところでしょう。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 13°34'29.9" N
 99°46'22.4" E
(大体の位置です)



0 件のコメント: