Pino Latte Resort & Cafe / Phetchabunで、1994スポット目になりました。
あと6か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

18.8.18

Wat Chi Suk Kasem / Suphanburi

ワットプラローイから2.4kmほど北上したところに、ワットチースックカセーム(วัดชีสุขเกษม)というお寺があります。
まあ、目の前にそそり立っている像の牙門は結構すごいんですが、境内には明らかに寺関係者って人以外全く見当たりません。



サーラ―というか、タンブーン場です。
まあ、それなりに立派なんですけど…



人いないね…
こんなにたくさん仏像集めたのに。



で、このタンブーン場を通らないとやってこれない本堂がこちらです。
まあ箱モノ自体は大したものでもなさそうですが…
参拝客いない!
おかしいな~
ここ、有名な仏像があるらしいんですけど…



本堂入口には一応献花跡もありますが、さみしいものです。



で、本堂内部。
とりあえず毒々しい色の壁画が目につきますが、チョイ後回し。



こちらがご本尊様御一行です。
前の緑3兄弟は、もちろん樹脂製の量産品でしょう。


上でにらみを利かせているこちらのお方は…
これも古くないよね。



では、やはりこっちかな?
しかも、金箔の量が半端ない、真ん中の立像…なのかな?
が本命くさい、というかおそらくこれが有名な仏像っぽいですね。
なんせ外の道を移動しているときに、これの写真見たし。



アップ。
でも、なんで有名なのか忘れちゃったよ…
古いからだったっけ?



ところで、壁の絵のカラーコンビネーション、なんか毒々しいですね…
背景が青だからかな?



入口上部は、お約束の天界から戻ってくる仏陀のシーン…
って、あれれ?

]
地獄じゃん。
これだけだけど。



Sep./'17
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
見どころは…
一応中央の金箔ベタベタの有名な仏像なんだけど…
何が有名なのかさっぱり分かりませんので、ただの小さな金箔の塊…
地獄絵は地獄を名乗るほどでもありませんし、その他は…
まあ、よっぽど上の写真にある物のどれかに恋してしまった人でなければ、基本来る必要はないでしょう。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°31'02.80" N
100°06'53.39" E



0 件のコメント: