Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

17.8.18

Wat Bang Yihon / Suphanburi

今回は土日を使ってスパンブリ方面に軽く1泊2日ツアーを敢行してみました。
まあ、一番の目的は、あの地獄寺の再訪なんですけど…
せっかくなんでいろいろ寄り道とかしていくとしますか。
ということで、最初にやってきたのはこちらのしがないお寺。
名前はワットバーンイーホン(วัดบางยี่หน)というようです。



境内は…
コンクリートで舗装してあるだけましかな?
ってぐらい、参拝客とは無縁な雰囲気ですよ。



とりあえず右手にあった、柵に囲まれたサーラ―。
何があるかというと…



仏像達が多数並んだタンブーン場があるんですよ。
でも、中にはいられないからか、あまりタンブーンされている形跡がありませんね。
まあ、そもそも参拝客いないから一緒か。



で、その先にあるあちらの建物が本堂の様ですね。



でも…
お約束通り、入口閉まってますよ…



こちらの小さなお堂も柵が閉まってますね。
まあ、中はのぞけそうですね。



まあ、こんなんですけど。
なんか表面が異様にぼこぼこしてますね。
もともとそういう表面なのか、塗料がコテコテすぎなのか…



こっちの建物は…




はあ、ダメですね~
どこにも入れないよ。
仕方ありませんね~



ということで、窓のすきまから無理やり中を覗き見しましたよ。
一応涅槃仏様が売りらしいんですよね、ここ。
でも、まあ10~15mぐらいって感じでしょうか。



あ~
ネットが邪魔で良く見えん…



足。



一応壁画も。
う~ん、不完全燃焼ですね~



脇にあった仏像。
というか、その横の固まり、仏像の胸の部分ですよね?
もしかして、昔ビルマにやられた時のものでしょうか。



Sep./'17
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
こんなに頑なに拒絶されたの初めてですよ。
本堂はともかく、大体なんらかお祈りする場所ぐらいは一般向けに開放してあるはずなのに…
どこもまともに見られませんでしたよ…orz

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°23'15.49" N
100°10'09.16" E



0 件のコメント: