Pino Latte Resort & Cafe / Phetchabunで、1994スポット目になりました。
あと6か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

15.8.18

Wat Pa Giu / Pathumthani

何せ今日の最終目的地はチットビア(クレット島記事内)なんで、少しづつクレット島の方に向かって行きましょう。
で、2ヶ所目として訪れたのは、こちらのワットパーギウ(วัดป่างิ้ว)というお寺です。



門の飾り、微妙に頑張っているかな。



横の壁にあったレリーフ。
頑張っているんだけど、所詮テーマがテーマ。
微妙ですよ。



とりあえず境内に入ってきました。
せっかく広いのにガラガラですね。
人気ないのかな?



まあいいや。
まずは目的の本堂を見に行きましょう。



ゲートの両脇には、象さん?レリーフが待ち構えています。




これ、象と鳥の間の子なのかな?



で、本堂部分。
壁や柱はともかく、上の方は結構装飾がしっかりしているっぽいです。



象さん結界石。
まあ、頑張ってますね。



本堂入口中央には、お坊さんの像が待ち構えています。



スペースがないので、供物を椅子の隙間とかに無理やり献花してるんですね。
そうまでして献花したいなら、前にテーブル置くとかタンブンスペース作ればいいのに。



で、扉にはこのような螺鈿細工が…
なんかかわいい!



こっちもなかなか頑張っていますよ!
って関係ないことを説明しているということは…
そう、扉閉まっているんですね。
はぁ…



でも、本堂上部にはこのようにいろいろなレリーフがあって、ちょっとは楽しめますよ。







さて、その他にこのお寺に何があるのか知らないんですけど…
とりあえずこのお堂のぞいてみましょう。



ああ、お坊さんですか。
というかこんなもんでしょうね。
あとは…



子供が描いたであろう謎パネル発見。



絵心があるのかないのか微妙なレベルなのが絶妙です。



境内にあった蘭の花。





Sep./'17
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
本堂開いてなかったし、まあ見た範囲だけですと微妙ですよね。
実際はもう少しあったみたいですが…ミイラとか。
そっち系萌えの方は、一度探索してみてください。
それ以外の方は、まあ…
ああ、本堂上のレリーフは、まあそれなりに見られますよ。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°05'06.36" N
100°32'04.83" E



0 件のコメント: