Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編、始まりました。
予定通り、再訪ばかり…
再訪10か所+新規2か所を予定していますので、お楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

1.8.18

Wat Chai Si / Khon Kaen

お次は、コンケン中心から北西方向に18kmほど…
先ほどのクーゲーオから見ると、北に17kmほどの位置にある、ワットチャイシー(วัดไชยศรี)というお寺にやってきました。



しかし、小さなお寺のはずなんですが、参拝客が多いですね~
もちろん100%タイ人のようです。



皆さん、あの本堂の方に集まって行っているようですが…
あんな小さい本堂に行って、何をするんでしょうね。



脇にあった説明書きの拡大。
まあ、よくわかりませんが、とりあえず①100年かそれ以上前に建てられた②ベトナム職人の影響を受けている?③本堂の外/中の壁に仏陀の生涯と地方の伝承が描かれている④青、黄色、白、緑、茶色、黒で描かれている⑤王室広報?によって古代遺跡として正式に指定されている…
みたいなことが書いてあるようです。
英語があるので、細かいことは各自解読願います。



入口の柱のレリーフ。
か、かわいい…
それよりも、皆さん本堂の外にゴザを引いて座り込んでいますね。
中に入りきれず、外にあふれているのかな?



う~ん、これでは中にはいられませんね~



とりあえず先に外側の壁画でも眺めますか。
一応、入口は東側で、時計回り…
南、西、北と周って行きましょう。









で、ここが西側の壁になります。
ぶっちゃけごちゃごちゃしているのと、タッチが独特なのもあって、なんだかよくわかりません…



あ、これ結界石?
複数枚あるってことは、もしかして重要なお寺ってこと?
と思ってWiki見たら、第三級王室寺院だそうで…
そこまで重要ってわけでもないのかな?



こっちは北面の壁。



なに?この首を引きちぎったりしている地獄絵図は?
でも、地獄を表しているわけでもなさそうですし…
この辺りの伝承ですかね、意味が解らないのは変わりませんが。
…なんでみんな青い顔しているんでしょうね。







ということで、これで最後。
後は、東面と本堂内部のみってことですね。



でも、さっきよりもひどくなってません?
やっぱその地域の主要のお寺は、日曜日に礼拝とかやるんで、良くこうなりますよね…
迷惑だなぁ~
まあ、向こうも同じこと思っていそうですが。



Jun./'17
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
ということで、肝心の本堂内部の絵が見られませんでしたが、まあそれなりに面白いです。
もう一度リベンジしてみたいところですが…
土曜日に来るしかないのかな?

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 16°30'32.73" N
102°41'48.58" E



0 件のコメント: