Asom Rusi Nen That Phutthakhunで、1993スポット目になりました。
あと7か所で、ついに2000スポットの大台に到達する予定です。
※あくまで記事数ですが。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編も、2日目編に突入しました。
新規2か所、再訪2か所で、サクッと終わる予定をしていますのでお楽しみに。

ピサヌロークスコータイお登りさんツアー旅行編の後は、コラートブリラム遺跡編、チャチェンサオチョンブリ1デートリップめぐり編へと続く予定ですのでお楽しみに。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

21.8.18

Wat Thip Sukhontharam / Kanchanaburi

翌朝。
昨日雨のせいで来られなかった、スパンブリ西部…
を越えて、カンチャナブリ東部までやってまいりました。
どうもこのお寺?ワットティップスコンターラーム(วัดทิพย์สุคนธาราม)に、巨大な仏像があるらしいと聞いてきたんですが…



お寺はずっと奥の方ですね~
って、見えてきましたよ。
分かりますか?



こいつですよ。
周りが山以外何もないので目立つ目立つ!



駐車場に到着。
さすがに早朝なんでほとんど人いませんが、日中は観光バスとかが押し寄せてくるんでしょうか。
ちなみに目の前はお土産屋さん。
さすが王女様プロジェクト関係の施設は、金のかけ方が違いますね~



こっちは食堂。
緑いっぱいで気持ちよさそうですね。
でも、朝早すぎてオープンしていませんでしたよ。



いや~でも広いですね~
駐車場からは徒歩で行けってさ。



ようやく立像の正面までやってきました。
めっちゃ遠いじゃん。



もうちょっと…かな?



もうちょい…




脇にあった立像。
奥のデカぶつのミニチュア版かな。



あ、地図発見。
全体イメージはこんな感じです。
う~ん、広いですね~
まあ、ルンピニ公園の半分以下なんですけど、歩いて周るには広すぎる!



ということで、駐車場から350mほど歩いてようやく到着です。
え?大した距離じゃないって?
まあ、それはともかく、この立像、ブロンズ製で32mあるらしいです。
台座込みかどうかはわかりません。



なかなか造形もしっかりしていますね。
でも、なんかちょっと足が短い?



下から。
こうやって見上げるとちょうどいいように、体のバランスを考えて作ってあるのかな?



で、横から。



アップ。
まあ、これだけって言われたらこれだけなんですけど…



ああ、左右後方にはヤックが睨みを利かせています。
派手ですね~



さて、せっかくなので他の見どころ?も見に行きましょうか。
あそこが先ほどの地図で言うところの⑥の博物館&展示施設にあたるみたいです。



しっかし、広いのにしっかりと整備されていますね。
さすがに王室の名を冠しているだけあって、顔に泥は濡れないですよね。



で、これがその博物館らしいんですけど…



開いてないし~
早すぎたってことですね、きっと。



一応館内図。
2層構造なんですね。
見たかったな~



諦めきれずに、窓からのぞき込んでみました。
まあ、このお寺とブロンズ像作成の歴史みたいなものでしょうか。



さて、お次は先ほどの地図で言うところの⑤番、仏陀公園と屋外展示ってところに行ってみましょう。



謎石発見。
謎かけですか?
質問はわかるけど、回答あるの?これ。



この仏陀公園と屋外展示エリアなんですが、かなり広くて、その真ん中に丸い池があり、その中央に島が浮かんでいます。
で、このように花がいっぱい植えられていて、スワ~イ!
中央の島には何があるんでしょうね。



島はこんな感じ。
中央になんかありますね。




ほぼタイ語でさっぱりわかりません。
後ろの木は記念植樹したものかな。



池越しに見たブロンズ立像。
これで200mの距離があります。



このエリアには、なんか知りませんが、石がずらっと並んでいます。
これも展示の一環なんでしょうかね。
まあ、これ以上は何もなさそうなんで駐車場の方に戻りますか。



…っと、そういえば地図には⑦お寺ってありましたね。
そういえばここまで全然お寺じゃないじゃん!
ということで、立像の後ろをぐるっとまわって、山の東の方に移動しましょう。



到着!
雲行きが怪しいので、あまり長居はしたくないですが…



とりあえずナーガ階段。
奥に結界石も見えますし、本堂ってことで良いですよね?



その本堂。
仏陀パークの方が立派過ぎて、こちらがさみしく写っちゃいます。
あまり大きくないですし。



入口はガバガバに開いていて、参拝客ウエルカム状態なんですが、肝心の参拝客は皆無です。
ちょっと奥すぎですよね、この位置。
入口を守っている立像は、さっきのブロンズ像のミニチュアかと思いましたが、ポーズ違いますね。



内部は…
意外にシンプルですね。
壁画が無いからそう感じるのかもしれません。



ご本尊様。
恐らく、量産型でしょうね。
ピサヌローク産とお見受けいたしました…
なんて、そんな眼力も知識もありません。



脇のこちらの立像は、さすがにブロンズのやつと同じポーズ…
イミテーションっぽいですね。
金箔責めもいっぱい受けている御様子です。



Sep./'17
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
ハッキリ言って、巨大ブロンズ像だけが見どころです。
まあ、公園をゆっくり愛でることのできるような、心に余裕のある方はゆっくり公園を一周してもいいかもしれませんが…
基本暑いですし、早朝や夕方など、日中を外さないと途中でバテそうです。
ブロンズ像自体は、なかなか見事ですし、見に来る価値はあると思いますが…
なんせ周りは田んぼばかりの僻地なんで、よっぽど来るには覚悟が必要かも。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 14°19'10.73" N
 99°42'16.52" E




0 件のコメント: