チェンライパヤオ編に入りました。
計22か所の予定です。
そのあとは、間にバンコク1ヶ所挟んで、パガン、サムイ島編と続く予定です。
パガン、サムイ島編で2017年4月なので、だいぶ現実に追いすがってきましたよ。
ただ…記事を作る方が追い付かなくなってきたよ…
そのうち失速しそうです。

マレーンポ―のツイッター/Maleangpo's Twitter

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

4.4.18

Tha Akatyan Nanachat Utapao (Utapao International Airport) / Rayong

今日は日曜日。
ちょっと1Dayプチ旅行ということで、チョンブリ最南端のウタパオ国際空港(ท่าอากาศยานนานาชาติอู่ตะเภา)までやってきました。
え?チョンブリじゃなくて、ラヨーン?
この記事を書くときに確認して、初めて知りましたよ…
みんなチョンブリというか、パタヤパタヤって言ってるしね~



といっても、別に飛行機に乗るわけでも何でもありません。
見ての通り何もありませんし…



目的はこれっす!
AV-8Sハリヤーです。
なんせ、ハリヤーなんて貴重な機体、なかなか見られませんからね~
運用実績で、イギリス、アメリカ、スペイン、インドとタイの5ヵ国のみで、今も現役中(実際使っているか怪しいですが)なのはタイだけらしいですね。
そんなものがこんな間近で見られるなんて、夢みたいです。



う~ん、かっこいい。
ところで、こいつらスペイン海軍のお下がりなんですね。
Wiki見て、初めて知りました。



空気取り入れ口。
さすがに中はふさがれちゃってますね。



で、ハリヤー最大の特徴の偏向エンジンノズルですね。
左右に2対ついてます。



中は…
さすがに抜き取られていますね。
まあ、展示用ですし。



車軸部についていた銘板。
シリアルNo.までちゃんとついています。



さて、せっかくなんでぐるっと一周してみましょう。
エンジンのノズルが胴体脇にあるので、胴体後ろにはノズルないんですよね。



垂直尾翼には、タイ王立海軍の文字と旗が誇らしげに描かれています。



反対側。
胴体横には、ราชนาวี…ラーチャナーウィ―って書いてありますね。
なになに?これで、王立海軍って意味なんですね。
ラーチャのところが、王室とかの意味で、ナーウィ―は…
ああ、ネイビーのタイ語読みですか。
知りませんでした。



斜め前から。
う~ん、かっこいい。
天気が良いので、余計にかっこよく見えます。



コックピット周りのアップ。
さすがにタラップとかないので、中は覗けません…



これは、追加の燃料タンクとか?
実は、そんなに兵器の事に詳しくないので知らないんです。
しかし、これだけガッツリ見てたんですが、タイ人一人も近寄ってこなかったんですね。
きっと変な人に見られたんだろうな~
ドライバーさんも興味ないって言ってたし。



Dec./'16
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
世界的には、もう博物館でしかお目にかかれない機体ですし、そもそも所有している国自体が限られているようなものですし…
(ちょっと前にイギリスで破格で売りに出されていた気もしますが)
それが、いつでも、ただで、こんな間近で見られるなんて、ハリアー好きにはたまりません。
少なくとも、日本にいる限りは見られないでしょうし。
逆に言うと、これに興味が無ければ、来る理由はこれっぽっちも無いってことです。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
 12°40'31.82" N
100°59'50.93" E




0 件のコメント: